ファンタジーを超えて

今回は、歴史関連はひとまずお休みして、本ブログと関係ありそうな時事ネタを扱います。

フロントページにも書いたように、私は日本神話とは何か重要な古代の事実を伝えるために、敢えて史実を神話化、いわゆるファンタジーとして後世に書き残したものであると考えています。

しかし、ファンタジーだからと言って歴史考証上全く無視してよい訳ではなく、神武天皇以前の日本の古代期(上代)に、むしろ史実を神話化せざるを得ない深刻な出来事があったからこそ、敢えて日本書紀、古事記、秀真伝(ほつまつたえ)、その他という異なる種類の史書をほぼ同時期に編纂し、世に出したのであると解釈します。

これらの史書が編纂されたのは、神武天皇の即位を西暦50年前後と仮定すれば、それから数えて凡そ700年後、700年と言えば十分に長い時間が上代の時から経過しています。そこまで古い話であっても素直に史書に書き残せなかった上代の出来事、また、史書編纂時の理由とは一体何であったのでしょうか?

そして、わざわざ複数の史書を残した理由とは何だったのでしょうか?これまで述べてきた通り、私はその理由を、複数の史書バリエーションを世に出すことによって、一書単体では表現できない史実を分散し、それによって真実の歴史を後世に残そうとしたのではないかと捉えました。つまり、これらの史書は合わせて一つの史実を表現しているのではないかと仮定したのです。

歴史家であるならば、嘘は書き残したくないものです。しかし、当時の政治状況がそれを許さない、そんな状況下で取った手段が複数史書編纂による史実の暗号化であったのではないかと予想するのです。それこそファンタジーだと怒られそうですが、私は当時の歴史家の知恵と良心を信じてあげたいのです。

■神社本庁が向かう先

さて、日本神話と切っても切り離せないのが、現在、私たちも時より参拝に足を向ける神社です。当たり前ですが、神社と呼んでいる以上、そこに居られるのは日本神話で言うところの「神」、つまり超自然的「神」であることに間違いありません。中には、その神様を古代史実と関連付けて実在人であったと解釈する奇特な宮司さんもおられますが、基本的には、ありがたき八百万の神と崇敬し、それ以上詮索はされない方が多いようです。

これら日本に数多く存在する神社を束ねるのが現在の神社本庁ですが、その神に仕える人々の代表である彼らの間で、何やらスキャンダラスな出来事が起きたようです。以下、ネット記事より引用します。

神社本庁が「絶対に負けられない戦い」で全面敗訴 裁判で訴えた“強烈な言葉”とは

「週刊文春」編集部
source : 週刊文春 2021年4月1日号

法廷闘争の末、全国約8万の神社を束ねる“総本山”が断罪された――。

内部告発を理由に懲戒解雇されたのは不当だとして、宗教法人「#神社本庁」(渋谷区)の元部長(61)らが処分の無効を訴えた訴訟。東京地裁は3月18日、「懲戒権の行使に客観的な合理性はなく、社会通念上相当性を欠く」と原告の訴えを認める判決を言い渡した。

「神社本庁が15年10月に1億8400万円で売却した職員寮が即日転売され、後に3億円以上に値上がりした疑惑が発端でした。元部長らは同様の案件が複数あり、売却先が同じ不動産業者で随意契約だったことを問題視。『不当に安く売却したのは背任行為に当たる』などとした内部告発の文書を配布したのです。これに対して神社本庁は17年8月、元部長を懲戒解雇し、裁判になっていました」(神社本庁関係者)

元部長(左)は会見で「主張がほぼ全面的に認められた」 ©共同通信社
内部告発で「疑惑の張本人」と名指しされたのが、神道政治連盟の打田文博会長。神政連は日本会議とともに、憲法改正を目指す安倍晋三前首相らの活動を支えてきた団体だ。その打田氏とともに神社本庁執行部を総長として率いるのが、田中恆清氏である。異例の総長4期目に突入し、内部では「打田―田中体制」(同前)と評されてきた。
 
しかし、その内実は危うい。不動産取引疑惑以外にも不倫スキャンダルなどが相次ぎ、“こんぴらさん”こと「金刀比羅宮」(香川県)のように本庁から離脱する動きも出ている。
神社界と縁のある皇室との関係も微妙だ。神社本庁において象徴のトップである「統理」の多くは旧皇族らが務め、現統理の鷹司尚武氏も昭和天皇の孫にあたる。だが、その鷹司氏はカネや女性問題ばかりが報じられる田中氏ら執行部に対し、「顔も見たくない」と不信感を募らせてきた。

続きを読む

それだけに、打田氏や田中氏にとって、「今回の裁判は絶対に負けられない戦い」(前出・本庁関係者)だった。事実、神社本庁は裁判所に提出した最終準備書面でも、強烈な言葉で体制の正当性を訴えていた。

〈(敗訴すれば)包括宗教団体としての組織維持ができなくなる。被告は、伊勢神宮や皇室と密接な関係があって、いわば『日本の国体』の根幹を護っている最後の砦である。(中略)決して裁判所が日本の国体破壊につながることに手を貸す事態があってはならないと信じる次第である〉
 
だが、“詭弁”は裁判官に通じなかったようだ。
 
奇しくも、判決と同じ日、神社本庁幹部が集まる会議があった。全面敗訴の一報が伝わると、出席者からは「これ以上裁判を続けても恥を晒すだけ」と控訴に否定的な声が上がったという。
 
国体護持の前に、職員の雇用すら守れない神社本庁。八百万の神が泣いている。


引用元:文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/44319

どこの団体でもありそうな、金銭を巡る不祥事の裁判についての報道ですが、ここで注目するべき点は、神社本庁の被告当事者たちが、

 ・『日本の国体』の根幹を護っている最後の砦である
 ・裁判所が日本の国体破壊につながることに手を貸す事態があってはならない

と、かなり強い調子の言葉で同団体の存在意義を主張していることです。もっとも、そんなことは本人たちが仕出かした不祥事とは全く関係はないですし、もしもそう思っているなら、日頃から清く正しく振舞っていれば良いだけなのですから。

私が気になるのは、神社本庁並びに記事に登場するそれぞれの政治団体、宗教団体がおそらく同じメンタリティーで神社運営に関わっているのではないかということです。

繰り返しますが、日本神話はファンタジーなのです。そんな曖昧でいくらでも都合よく解釈できるものを「日本の国体」と捉えているならば、それこそ、この日本と言う国の国体は危ういということになります。

ここで出てきた「最後の砦」なる言葉は

 俺たちの最後の飯の種を奪うな

と言っているようにしか聞こえません。そして、それに続く司法への脅しとも取れる言葉を読むと、

 俺たちこそが国の守護者(神?)である

という、思い上がりとしか表現の仕様がない傲慢な態度が見て取れます。

この記事は特定個人や団体を批難する意図はありませんが、もしかしたら、神社本庁や関連諸団体の関係者の中にも、同じように自分こそ「神に仕える特別な存在」、「我こそ愛国者だ」という思いがあるのではないでしょうか。また、信仰心とは別に、ディズニーランドよろしくこの国家ファンタジーを生活の原資にしようと考える人々がいるのではないかと気になります。

おそらく、史書の編纂が行われた西暦700年代も、史実の記載を巡って政治的な軋轢が強かったのではないかと想像します。それは、各氏族の名誉のためであったり、各種利権を一族独占する裏付けに使おうといった様々な意図があったはずです。それどころか、積極的に歴史をそこで分断・書き換えてしまおうと言う大きな意図が働いた可能性もあります。私はそれを「歴史隠蔽政策」と仮に読んでいます。例えば、ユダヤ的教義を歴史的な痕跡から取り除くといったようなことです。

今現在、今回の訴訟のような出来事が起こるのも、元はと言えば、私たちのルーツを示すはずの古代史が神話化されファンタジーになってしまったことにあります。

その意味で、私たち日本人のアイデンティティーは既に失われた状態であり、真の意味での国体は破戒されたままであると言えます。

私は非力ではありますが、このブログを通して、この国が成立するまでの本当の経緯、神話でない母国の史実を、少しでも取り戻したいと考えているのです。もしもそれが達成できたならば、神話をその拠り所とする現在の神社や神社本庁の在り方は、大きく変貌し今とは全く違うものとなるでしょう。


罪穢れ今はあらじと祓え給ひそ
管理人 日月土

隠された祭神と成田(2) - 調査報告

今回は「隠された祭神と成田」の続きとなります。昨日までの数日間、千葉県北東部に鎮座する側高(そばたか)神社の未調査分について現地視察してきました。その報告となります。

今回巡ったのは、千葉県成田市以東の前回未調査の側高神社です。漢字表記は社によって異なりますが、基本的に全て「ソバタカ」と読むようです。以下、訪れた場所を地図に示します。

画像1:今回の調査対象(計7社)

以下、各社前で撮影した写真をご紹介します。手ブレが強くで見づらいものもありますがご容赦ください。

画像2:脇鷹神社(千葉県成田市小泉)
成田の大地の上に建つお社。やや荒れた感じではあるが、土地全体は清々しい場所である
画像3:側高神社(千葉県香取市丁子)
田んぼに突き出した里山の頂上付近にあるちいさなお社
画像4:側高神社(千葉県香取市大倉)
私の知人が祭神名を教えてもらえず、追い返された神社。側高社の中では最大規模。
画像5:側高神社(千葉県多古町本三倉)
村落内のやや荒れた感じのお社。大地の広がる中に佇み、土地はたいへん
素晴らしい。古代期はきっと繁栄した場所であっただろうと感じられた。
画像6:祖波鷹神社(千葉県香取市岩部)
今回の調査で一番問題を感じた場所。お社や土地そのものでなく、
隣接して建てられた慰霊塔に何やら良からぬ気配を感じた。
画像7:脇鷹神社(千葉県香取市伊地山)
木立の中に建てられた簡素な作りのお社。お社そのもの
よりも、周囲の雑木林の中が気になった。
画像8:稲荷側鷹合神社(千葉県香取市西田部)
調査中に偶然発見した側高系神社。簡素ではあるが、
他のお社にはない神々しさを放っていた。

結局のところ、外見から祭神が何か分かるようものは見つかりませんでした。しかしながら、地形や他の神社との配置などから多くの情報を得ることができました。むしろ、他の神社群の比較からでしか側高神社のポジションは分からないのではないかと思います。

それらの分析については今後掲載していく予定ですが、今回は簡単に現場写真を掲載するのみにて本レポートを終了させて頂きます。

なお、1月16日のメルマガでは、分析途中のものについて一部を先に公開したいと思います。


この国の神力を現す世と成れる
管理人 日月土

言葉は呪術-古代史探求のセオリー

日本書紀・古事記(記紀)が、実在する神武天皇以前の歴史を神話と言うファンタジーに付け替えてしまったのだろうという話は何度かここで出しています。また(新)ブログでは、記紀に書かれた神武東征伝は作り話(デタラメ)であり、そこに書かれている皇位継承の記録も正しいとは言えない、つまり古代期においてすでに万世一系という神話(のようなもの)も崩れているだろうと指摘しています。

今後、この辺の話を詳細に進めようと考えている訳ですが、古代史の話を記述するにあたり、まず使用する用語を明確にするべきだと思い、用語について大まかに約束を決めておきたいと思います。

現在の歴史学だと平安以前は古代に一括りにされてしまうようなので、神武以前と、記紀が扱う範囲、それ以降の古代を明確に区別するために次のように分類しました。

 (1)神武天皇より前の時代: 上代
 (2)初代神武天皇から15代応神天皇まで: 上古代
 (3)16代仁徳天皇から25代武烈天皇まで: 中古代
 (4)26代継体天皇から41代持統天皇まで: 下古代
 (5)42代文武天皇以降: 記紀後古代

神武以前が神話でなく実在の歴史であることを強調するため「神」という字は敢えて外すようにしました。なお、飛鳥時代という時代区分は「奈良の飛鳥に王朝があった」という決め付けに繋がるので、ここでは採用しません。それより一つ前の古墳時代も、いわゆる墳墓(マウンド)が作られ始めたのはそれよりもかなり前からなので、あまり積極的に使いたくない呼び名です。

そうすると、歴代天皇の代で機械的に分類するのが今のところは適当なようです。もちろん、歴史の連続性を考えたらこんなに単純に区分できるはずもなく、これはあくまでも表現上の便宜的なものだと思ってください。

なお、私は古代史で従来使われている縄文時代・弥生時代という分類はしません。縄文・弥生はあくまでもその生活様式の違いを表しているだけで、本当にそれが時間的変遷を表しているとは言い切れないからです。

最新の研究によると、縄文様式も弥生様式も同時期に点在して存在していた痕跡が年代測定などから認められており、どうも縄文時代や弥生時代という時代の区分けは正しくないことが分かってきています。要するに

 大陸から渡ってきた弥生式文化に西方から席巻された縄文文化

という概念はもはや通用しなくなりつつあるのです。この概念は、文明とは

 大陸から一方的に日本列島へ渡ってくるという先入観

や確証の無い思い込みを生み出してしまいます。私は日本の史書を疑わしく思うのと等しく、中国の史書や朝鮮半島の史書もかなり疑わしいと見ています。そもそも当時の記録家が史実を偏見無く正確に記述できたと考えること自体が誤っているのです。

これに加え、現代に残された史書とは何度も写本を繰り返されているのが当たり前であり、オリジナルが正確に転写された保証もなければ、その過程で悪意のある改ざんが行われたことを確かめる術もありません。

ですから、中国史書に裏付けられた日本の上代・古代の年代特定は十分に気を付けなければならないのです。例えば、多くの歴史解説書はヤマタイコクのヒメカ(ヒミコ)は248年に死去と何の疑いもなく書いていますが、実はその数字こそがすこぶる怪しいのです。

そんなことを言いだしたら、どうやって歴史検証すればいいのだ?確かに悩ましい問題ではあります。

遺跡だって必ずしも当てにならない

古代史を検証する上で、確実性の高い手法の一つが遺跡や出土品による時代背景の推定です。おそらくこれ以上に正確な証拠は他にはないでしょう。しかしです。知人である発掘研究者のC氏によると

“埼玉県の稲荷山古墳の出土品なのですが、そこから出た鉄剣に刻まれた銘文が問題なんです。実はそれが日本書紀の記述が示す内容そのままなんです。発掘の世界の常識では、史書とピッタリ合う例と言うのはほとんどなく、かえってその正確性が疑わしい。ぶっちゃけ、わざわざ証拠になるようそこに残されたのではないかとすら考えられるのです”

1000年以上前に書かれた記紀がわざと偽史を正史と装うなら、その頃から記述に合わせた偽装工作が古墳などの遺跡類に対して行われていたと考えても、確かに矛盾はありません。

引用元:東京大学総合研究博物館 記載の世界

全部が全部そうだと言えませんが、遺跡・出土品類などの物的証拠についても過信は禁物だということがこの話から分かります。そして、ますますどうしたらよいか悩ましくなります。

敢えて偽書として読む

ここまで書くと、「これじゃあ歴史的真実なんか調べようがないじゃないか!」と諦めに近い思いが込み上げてくるのですが、唯一取れる手法とは、前回の記事「ダリフラのプリンセスプリンセス」でも採用した、記紀などの史書を敢えて偽書、あるいは暗号の書として読むという方法です。

どういうことかと言うと、本当に正しい歴史を伝えたくなかったら、史書そのものを全く残さなければいい。それでも、偽書が現代まで残されているということは、後世代の歴史認識をどこかに誘導させる為なのでしょうが、誘導するというなら正史をだれかが把握してなければその目的自体が達成され得ません。

要するに、世の中の全員が偽史しか知らない状態になってしまうということは、偽史を創作する意味そのものが失われてしまうのです。だから必ず正史はどこかに残されている。もしかしたら、まだ世に出てない確度の高い史書があるのかもしれませんが、どうせ偽史を編纂するなら、その中に暗号として事実を落とし込む方が二度手間になりません。

私はここで、日本書紀と古事記という似たような二つの史書が同時期に編纂されたことに注目します。両者似たようなことを書いていますが、造化三神の名前が違っていたり、万葉仮名の表記が違ったり、出雲の説話など片方にしか存在しない項目もあります。同時期に書かれたものにこれだけの違いがある、おそらく、この違いのなかに巧妙に隠喩が組み込まれているのではないか、そう考えるのです。

よって私は、「日本書紀はデタラメだ!古事記はデタラメだ!」と言いながらも、実はこれらの史書を頼りにして、斜に構えながら古代正史を読み解くという手法を取るのです。

そして、この二書を補強するのが次のニつの史書です。世間ではどちらも偽書扱いですが、記紀だってそれは同じなので、私は同等に扱います。

 ・先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)
 ・秀真伝(ほつまつたえ)

そして、私には他の研究家にはない強みがあると思っています。それは日本の呪術思想について多少は理解があることです。なんといっても、古代日本人にとって

 言葉とは呪術の一部

なのですから。歴史は言葉によって綴られます。ですから、そこ(呪術思想)から読み解ける解釈も必ずあるはずなのです。

 * * *

今回は前置きだけの文になって申し訳ありません。しかし、これが私の考え方なので、この点を予めご理解いただくと今後の齟齬が少なくて済むのではないかと思います。

上記分類中の上古代は特に重要で、現在のコロナウィルス渦も含め、現代日本が抱える重要諸問題は、実はこの時代に原因があるものが少なくないのです。次回メルマガ2号ではその点にも少し言及したいと思います。


誠の神力を現す世と成れる
管理人 日月土