再び天孫降臨の地へ(2)

今回は前回の記事「再び天孫降臨の地へ」の続きとなります。実は前回の記事を書き上げてからまたしても調査のため福岡県に向かうこととなりました。個人的に縁の深い土地ではありますが、それ以上に古代史の秘密が凝縮された土地であり、これからも福岡詣では欠かせないだろうと予想しています。

さて、伊勢神宮とそっくりの櫻井神社を調査した後に私が向ったのは、支石墓(しせきぼ)で有名な、糸島市の志登(しと)周辺で、取り敢えず目標地点は志登神社に合わせました。

支石墓とはWikiペディアには次の様に説明されています。

支石墓(しせきぼ)は、ドルメンともいい、新石器時代から初期金属器時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種である。基礎となる支石を数個、埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態をとる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E7%9F%B3%E5%A2%93

そして、ここ糸島の支石墓については、糸島市のホームページに志登支石墓群として次の様に説明されています。

この遺跡は糸島市北部の田園地帯、標高約3メートルの低地にある墓地群です。発掘調査は戦後間もない昭和28年(1953)に行われ、わが国における支石墓研究の貴重な1ページを飾ることとなった著名な遺跡です。

調査では、弥生早期から中期(約2500から2100年前)にかけての支石墓10基、甕棺墓8基などが発見されており、支石墓のうち4基が調査されました。支石墓とは遺体を埋葬した上に大きな上石を置くお墓です。元々は朝鮮半島によく見られるお墓ですが、弥生時代の始まった頃に日本にその作り方が伝えられました。上石は花崗岩や玄武岩を使用し、大きいものは長さ約200センチメートル、幅約150センチメートル、厚さ約60センチメートルにも及びます。埋葬施設は素掘りの穴(土壙)や木棺であったと考えられます。副葬品として6号支石墓から打製石鏃6点、8号支石墓から柳葉形磨製石鏃4点が出土しています。支石墓は弥生早期から前期(約2500から2200年前)に造られたと考えられます。

支石墓に副葬品が納められるのは非常に珍しく、特に柳葉形磨製石鏃の出土は朝鮮半島との交流を物語る貴重な資料です。

志登支石墓群から可也山を望む


https://www.city.itoshima.lg.jp/s033/010/020/010/110/130/shito-bogun.html

このページの写真に添えられたキャプションにも注目して頂きたいのですが、この背景に見える山は、糸島を象徴する山で、可也山(かやさん)と呼ばれています。

説明文には支石墓について「朝鮮半島によく見られるお墓ですが、弥生時代の始まった頃に日本にその作り方が伝えられました」とあります。ここで、山の名から朝鮮半島南部に存在したとされる伽耶国(かやこく)との関連性が気になります。もっとも、伽耶国の存在時期は3世紀から6世紀とされているので、時代的には糸島の支石墓が作られた時期とは合いませんが、伽耶国成立以前から長期に亘って糸島と朝鮮半島の間で行き来が続いていたことを連想させるのです。

ご存知のように、神話における天孫降臨の主人公である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)をモデルにして、アニメ映画「もののけ姫」の登場人物であるアシタカが描かれいるのですが、同じようにその母である栲幡千千姫(たくはたちちひめ)がカヤの名で同作品に登場します。

画像1:アシタカとカヤ

天孫降臨が現実の史実としていつ頃行われたのかは微妙なところですが、私の予想ではおそらく1~2世紀頃、時代的には志登に支石墓が作られたその後位で、伽耶国成立よりも前になるかと考えられます。

なぜアニメでは千千姫に「カヤ」という朝鮮を連想させる名前が付けられ、朝鮮様式の衣装をまとう姿でキャラクターがデザインされたのか、それが前から気になっていましたが、もしかしたら伽耶国と古代日本の関係を理解するヒントがここ糸島には残されているのかもしれません。

■志登神社は海の役所か?

実は7年前の2014年にも志登神社を訪れているのですが、その時は放火による火事で本殿が消失した直後であり、それはもう無残な姿でした。

今回の訪問はその時以来だったのですが、見事に再建されており、それを見てひとまず安心しました。

画像2:志登神社

さて、この志渡神社の周囲がどのようになっているのかを示したのが次の写真です。

画像3:志登神社前から周囲を見渡す(Googleより)

神社は四方を田んぼに囲まれ、見渡した向こうに背振の山々や可也山が見えるといった、非常に見通しの良い場所にあります。件の支石墓も、この田んぼの中に点在する小さな緑地として確認することができます。

何だかどこにでもある地方の神社のようですが、この神社のかつての役割は、支石墓が作られた海進期の頃の地形を知らないと見えてこないでしょう。

それは次の、当時の予想地形図を見るとはっきりするのです。

画像4:志登神社は海峡の中にあった
(☆は再建された志登神社、〇は三雲南小路遺跡)

現地に行くと分かるのですが、神社のある場所は周囲よりもわずかに標高が高い。同様にに支石墓のある場所もわずかに高いようです。これは、海進期において糸島が浅い海峡で分断されていた頃、ここが海峡の海面から僅かに顔を覗かせた中州のような小島であったことを思わせます。

おそらく、海峡に入ってきた小舟が船を寄せる場所だったのではないでしょうか。そして現在志登神社となっている場所は、海峡に入る船がその上陸許可を求める、関所のような海の役所的存在であったと考えられるのです。

ここに限らず、海辺にある神社とは、古くはお参りする場所と言うより行き交う船の目印であって、上陸や荷揚げに必要な手続きを行う、何か役所的な機能を担っていたと考えられるのです。現在は参道の灯篭に灯が入るのを見るのは稀ですが、かつては、夜間の灯台の如く、一晩中灯が灯されていたのではないでしょうか。

私の歴史アドバイザーであるG氏は、「志登」とは「七斗(しちと)」の変名であり、七斗とはその名の通り北斗七星を表す。そして北斗七星こそ操船を生業とする海神系民族にとっては航海における目印であり、それゆえ崇拝の対象でもあったのではないかと述べています。

■王墓と金印

志登神社を訪ねた後、私は糸島市の南寄り、背振の山々にも近い三雲へと向かいます。ここには3種の神器が出土した国内有数の王墓「三雲南小路遺跡(みくもみなみしょうじいせき)」があります(画像2を参照)。

画像5:三雲南小路遺跡

ここが何故王墓と呼ばれるかと言えば、それは出土品に剣・鏡・勾玉のいわゆる3種の神器が全て揃っているからです。この3種が揃って出土しているケースはこれまで調査された遺跡の中ではここを含めて確か数か所程度であると記憶しています。

すなわち、この遺跡の被葬者は、考古学上の分類でよくありがちな「地方豪族」で片付ける訳にはいかない身分の人物なのです。現地の案内板では「伊都国の王ではないか?」とされていますが、王墓の推定年代(約2000年前)からすると、ちょうど天孫降臨が行われた前後となるので、記紀の神代や、秀真伝のアマカミ時代にあたりに登場する人物の可能性も捨てきれないのです。

遺跡は埋め戻されて、現地を見ても田んぼの中の空地に案内板だけが立っている体なのですが、ここの見所はむしろそこから少し離れた所に鎮座する細石神社(さざれいしじんじゃ)なのではないかと私は考えています。

画像6:細石神社

この神社と王墓跡との位置関係は下図のようになっています。

画像7:細石神社と王墓の位置関係

上図をご覧になれば分かるように、この神社はまるで王墓を遥拝するかのように建てられているのです。ですから、ここはかなり古くからこの王墓と関係する場所であったと考えられるのですが、驚くのはこの神社にはあの有名な金印にまつわる伝承が残っているのです。

画像8:金印(福岡市博物館HPから)

金印を収蔵している福岡市博物館の説明には次の様にあります。

金印は江戸時代、博多湾に浮かぶ志賀島(しかのしま)で農作業中に偶然発見されました。その後、筑前藩主である黒田家に代々伝わり、1978年に福岡市に寄贈されました。
 金印に刻まれた「漢委奴国王」の五つ文字からは、漢の皇帝が委奴国王に与えた印であることが分かります。そして中国の歴史書『後漢書』には、建武中元二(57)年に、光武帝が倭奴国王に「印綬」を与えたことが書かれており、この「印」が志賀島で見つかった金印と考えられるのです。

http://museum.city.fukuoka.jp/gold/

ところがG氏が細石神社の宮司さんから直接聞いたという話によると

あの金印は元々細石神社の宝物として所蔵していたものだが、ある時、それを見たいという黒田藩主の要望に従い献上したところ、それ以来戻ってきていない。そして、志賀島で偶然発見されたという伝承と共に、黒田家から福岡市博物館に納められた。

ということらしいのです。これはおそらく、現皇室以外の王家が日本に存在したのではないかという史実を黒田家が恐れ、しばらくの間この金印の存在を隠匿した後に、金印の発見に直接関わっていないことを言い訳する理由として、このような志賀島発見譚を添えたのだろうと、G氏は推測します。

画像9:細石神社と金印発見場所の位置関係

糸島は一般的な解釈では、その地名から魏志倭人伝に登場する「伊都国」の地と考えられがちですが、王墓と細石神社の金印伝承から窺えるのは、この地が「伊都国」ではなくむしろ「奴国」だったのではないかということです。

少し話が逸れてしまいますが、邪馬台国論争の九州説が定まらない一番大きな理由とは、「伊都国」を勝手に「糸島」と解釈してしまっていることでないかと私は考えます。同じように末羅国(まつらこく)を現在の長崎県の松浦に同定していることも、その原因なのでしょう。

私が以前から繰り返し主張しているように、日本という国は古代から計画的に史実の改ざんを行っている節があるので、現在残る地名が本当に古代からのものかどうかは注意が必要なのです。

ですから、金印を巡り黒田家が本当に恐れたのは、現皇室以外の王の存在よりも、むしろ奴国の正確な所在が突き止められることだったのではないかとも考えられるのです。それならば、「王権の印綬が志賀島で偶然発見された」という冷静に考えれば作り話としか思えない発見譚が添えられた理由も見えてくるのです。

* * *

さて、以上の考察を続けてきて私の頭はますます混乱してきました。昨年の記事「天孫降臨と九州(2)」では、糸島こそが天孫降臨の現実の舞台なのではないかと仮説を提示しましたが、ここに来て、支石墓と伽耶を巡る朝鮮半島との関係、そして奴国と漢王朝(後漢)との関係性まで浮上してきてしまったのです。

現在の歴史学の定説に従い、これらを時代順に整理すると次のようになるかと思います。
 (1)支石墓の時代(朝鮮との行き来)
 (2)奴国王金印授受・天孫降臨
 (3)伽耶国誕生(朝鮮との行き来)
 (4)倭国大乱
 (5)邪馬台国時代(他に奴国、伊都国、末羅国等)

これを見ると、天孫降臨の推定時期と奴国王に金印を贈った後漢時代が重なってきますから、奴国王とはいわゆる現皇室の祖である天照(実在した男性王)と無関係だとは言い切れません。むしろ皇統関係者であると見るべきで、3種の神器が揃っていることが逆にそれを表しているとも考えられます。つまり、天孫降臨の地が糸島であったことを裏付ける補強材料となる可能性もあるのです。

頭がいっぱいになったところで、このトピックは取り敢えずここまでとし、次は福岡の重要歴史スポットである太宰府を見てみることにしたいと思います。


古の王可也の山見て何をか語らん
管理人 日月土


再び天孫降臨の地へ(2)” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。