大空のXXと少女神の暗号

年が明けたばかりの今月6日、某所(後で説明)の現地調査に向かったのですが、移動中に空を見上げて驚いたのが、そこに描かれた二つの「X」の文字だったのです。その状況は(真)ブログ記事「新たな祭の始まり」で触れています。

それが自然にできた雲によるものなのか、あるいは飛行機雲なのか、その発生源については未だに不明ですが、空に文字様の雲を見かけるのは必ずしも珍しいことではありません。それでも今回驚いたのは、そこに描かれた文字が「XX(ダブルエックス)」であるということ、また「XX」を見たのがこれで2回目だということなのです。

最初の目撃体験については、昨年4月の(真)ブログ記事「大空のダブルエックス」で触れていますが、何より不気味に思えたのが、「XX」を目撃した2回の調査活動の目的が

 少女神のルーツを探る

という、同じテーマであったことなのです。

画像1:2度出現したXX状の雲

■ダリフラのXXの意味を再考する

4年近く前、(神)ブログを始めた頃に2018年のアニメ作品「ダーリン・イン・ザ・フランキス」(以下ダリフラ)を取り上げ、そこに隠された日本古代史について分析を行いました。

取り敢えず、その時点で気付いた要素については一通り記事にしたつもりだったのですが、そう言えば、このアニメのタイトル画には「XX」が2つも描かれていたのを思い出したのです。

画像2:ダリフラのタイトル画

ここで、過去の記事を読み返してみたのですが、当時はまだ上古代における皇后兼巫女の女系継承問題、いわゆる「少女神」についてはその概念すらなかったので、分析の方向性は

 双子の皇后

すなわち、政治的なポジションとしての皇后と、宮中祭祀など巫女的役割を担った二人の皇后がいたのではないか、その点にのみフォーカスし、血の継承問題については特に分析の対象とはしていませんでした。

そこで、偶然?にも二度目撃した「XX」に鑑み、ここではこれまでのダリフラ分析に新たに女系継承の視点を取り入れてみようと思い立った訳なのです。

これまでのダリフラ関連記事:

 1)2019年3月30日 “ダリフラ”、タイトルに隠された暗号 
 2)2019年4月2日 太宰府で繋がる新元号とダリフラ 
 3)2020年2月27日 ダリフラのプリンセスプリンセス 

さて、タイトル画以外に「XX」の意味について触れたシーンが作中に一箇所あるので、まずはそこを押さえておきましょう。

画像3:生体兵器「叫竜」(きょりゅう)の肉体はXX(女性遺伝子)で構成されている
(第20話より)

アニメの設定における位置付けはともかく、画像3をのシーンを見る限り、少なくとも「XX」がX染色体、すなわち「女性遺伝子」を指していることは明らかです。問題なのは、画像2のタイトル画で象徴されるように、何故「女性」と「遺伝」をここまで強調するのかその点なのです。

単純に考えれば、これは女性の特性が遺伝的に続くこと、すなわち女系の血の継承を表現しているのではないかと取れるのですが、いかがでしょうか?

これまでの分析により、アニメの主人公である少女「02」(ゼロツー)は、その数字が「鬼」を表すことから、鬼道(呪術)の使い手で知られる卑弥呼、そしてその実体である神武天皇の皇后、媛蹈輔五十鈴媛(ヒメタタライスズヒメ)をモデルにしているだろうと予想しています。

また、「媛」ヒメの字がその名に2箇所使われていることから、恐らくこれが双子の皇后の存在を表すであろうとも結論付けています。アニメでは「ゼロツー」が「叫竜の姫」の遺伝子クローンという設定になっていますので、これはまさにヒメタタライスズヒメが双子であることを遠回しに表現しているのではないかと捉えたのです。

これらを少女神の視点から更に表現し直すと

 双子の皇后ヒメタタライスズヒメは、特定女系の血を引き継いでいる

となるのです。

実は、この予想を補足する作品中のメッセージとして、次の登場人物のネーミングが大きな意味を持つことに後から気付きました。

画像4:二人の主人公の世話役「ハチ」(008?)(右)と「ナナ」(007/077?)(左)

二人の役どころは、主人公達を含む「子供」と呼ばれる少年・少女戦闘員の世話役、物語の最後では彼らの親代わりというポジションに移るのですが、まずここで親子という世代継承のニュアンスが表現されているのが分かります。

しかし、数字をそのまま読み替えただけだろうこの二人の名前は、より重大な意味を含んでいることが以下の分析から見出せるのです。なお、この二人に限っては、他のキャラには付けられているコードナンバーが何故だか設定上でも明記されていないので、「ハチ」については「8」、「ナナ」については「77」の数字を割り当てることにします。

画像5:二人の名は「皇后」を表す。

3桁の数字「123」が「天皇」の意味を持つことは(真)ブログ記事「新嘗祭イヴの呪い」をご確認頂きたいのですが、実はこの場合「877」という数字が転じて「皇后」を意味することはこれまで説明したことはありませんでした。

どうしてそう言えるのかは、画像5を見ればお分かりの様に、この二つの数字が加算された時に初めて新しく4桁目が生じる、すなわち、天皇と皇后の組み合わせが新しい次の世代を生み出すと解釈できることに拠るのです。

ここまで来ると、「ハチ」と「ナナ」のネーミングは適当に付けられたものとは考えにくく、明らかにこれは、「皇后」に関連するメッセージを強く含んでいると考えられるのです。

古代史ならず日本の歴史の主役は「天皇」であると私たちは考えがちですが、どうやらダリフラが意図する歴史的視点は、皇后の輩出家系についても大いに注目しているようなのです。

■ヒメタタライスズヒメと三嶋溝橛

さてここで、ダリフラにおいて角の有る美少女キャラのモデルとなったであろうヒメタタライスズヒメが史書の中でどのように記述されているかを確認してみます。

此の神の子は、即ち甘茂君等(かものきみたち)・大三輪君等、又姫蹈韛五十鈴姫命なり。又日はく、事代主神、八尋熊鰐(やひろわに)に化為(な)りて、三嶋の溝樴姫(みぞくひひめ)、或は云はく、玉櫛姫(たまくしひめ)といふに通ひたまふ。而して児姫 蹈韛 五十鈴姫命を生みたまふ。是を神日本磐余彦火火出見天皇(かむやまといはれびこほほでみのすめらみこと[=神武天皇])の后(きさき)とす

日本書紀神代上第八段一書から

これの他に、次の箇所でも登場します。

庚申年(かのえさるのとし)の秋八月(あきはづき)の癸丑(みづのとうし)の朔(ついたち)戊辰(つちのえたつのひ)に、天皇、正妃(むかひめ)を立てむとす。改めて広く華輩(よきやから)を求めたまふ。時に、人有りて奏して日さく、「事代主神、三嶋溝橛耳神(みしまみぞくひみみのかみ)の女(むすめ)玉櫛媛(たまくしひめ)に共(みあひ)して生める児を、号(なづ)けて媛蹈輔五十鈴媛命と日す。是、国色(かほ)秀れたる者なり」とまうす。天皇悦びたまふ。

日本書紀神武天皇記本文から

以上から、書紀では神武天皇の正皇后であるヒメタタライスズヒメは事代主神と玉櫛姫の間に生まれた子と記述されているのですが、秀真伝ではその辺の関係性が少し異なります。

画像6:秀真伝によるヒメタタライスズヒメの系譜

上図の様に、秀真伝によれば玉櫛姫を娶った事代主と言うのは、同じ事代主でも孫の世代に当たる「ヤヱコトシロヌシ」を指すようなのです。

事代主は皇統の代で言えば瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と同世代になりますから、その娘が瓊瓊杵尊のひ孫に当たる神武天皇の后になるというのは少し不自然です。ですから、同じく事代主のひ孫世代がヒメタタライスズヒメとなる秀真伝の記述の方が、より真実に近いと考えられます。

さて、今回の注目点は「少女神」ですから、そうなるとどうしても気になるのが、画像6でも示した、皇后を輩出した家系

 三嶋溝橛(みしまみぞくひ)

とは何者なのか、その点なのです。残念ながら、秀真伝でも三嶋溝橛の妻の名、およびそれより遡った系図は出ていません。

少女神と言う概念を初めて取り上げた記事「少女神の系譜と日本の王」で、私は「みシまる 湟耳(こうみみ)」氏が書かれた本「少女神 ヤタガラスの娘」を紹介しましたが、その中でネタバレ防止の為、次の様に一部を伏せて書いている箇所があります。

古代皇統の権威は特定家系である「☆☆☆」家の少女の元へ入婿することによって引き継がれてきた

もうお分かりのように、この伏字に入る文字は

 ミシマ

なのです。また、著者が三嶋溝橛にたいへん注目していることは、ペンネームの「みシまる」に如実に表れているとも言えるでしょう。

これまで、国内少女神の家系として、伊弉冉尊(いざなみのみこと)から始まる、下照姫の家系、月読尊の家系を予想していましたが、今回登場した三嶋溝橛がそのどちらかの系統に繋がる血筋なのか、あるいは全く別の女系一家なのか、新たなる謎が加わることになりました。

ダリフラというアニメは、素人目に見ても相当に脚本を練った作品、あるいは古代史情報をふんだんに詰め込んだ作品と認められるのですが、ここまで出してくる目的とはいったい何なのか?表現者のその意図を含め、今後の分析が求められるのです。

■大空のXXが意味するもの

次の2つの写真は、空にXXが出現した当日の調査対象です。

画像7:香良須(カラス)神社 愛知県豊田市市木町(令和4年4月11日撮影)
画像8:三島神社 千葉県君津市糠田(令和5年1月6日撮影)

香良須神社はみシまる氏の著書に書かれていたことから、半ば興味本位で向かった場所ではあるのですが、現地の客観的な情報からだけでも次の点が窺えます。

 祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)→ ワカヒメ → 下照姫(少女神)
 所在地は市木町(いちきまち) → イチキ → 市杵島姫(少女神)

そして、君津の三島神社については特に語る必要はないでしょう。

大空のXXが少女神調査との関りで出現したものなのか、それとも単なる偶然なのか、それは私にもよくわかりません。ただ、このテーマが日本(にほん)という国の成立ちを知る上で、避けて通れないものであることを、ひしひしと感じるのです。


賀茂川を上りて向かう姫宮は紅差す御身の清き里なり
管理人 日月土

SPY×FAMILYに見る月読と市杵島姫

今月25日の(真)ブログ記事「国家権力動員のSPY×FAMILY」では、現在放映中の人気アニメ「SPY×FAMILY」を題材に、そこに登場する角の生えた少女キャラクターが、古代皇后兼巫女であったいわゆる「少女神」をモデルとして描かれているのではないか、そして、彼女たちが取り上げられる最大の理由が、その存在を抹殺せんが為の呪詛なのではないかと述べています。

画像1:SPY×FAMILY 
(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

呪詛と言うとオカルトぽくなってしまいますが、日本書紀や古事記などの史書で事実と異なる記述が明らかな場合も、それが事実を捻じ曲げ特定個人を貶めるという点では、やはりそれは呪詛や呪いの類と見なすことができます。

「呪詛」というどこか思想的な観念を持ち出すのは、単に史書から都合の悪い事実を伏せれば良いだけのことなのに、わざわざ特定個人を貶める記述を加えるという行為に、どこか現実的な損得を超えた強い悪意と憎悪を感じるからです。

私は、記紀及びその他の史書についてもそこに大きな改竄が加えられていると考えていますが、それが、登場人物に侮蔑的な名前が付けられていたり、その行為が悪し様あるいは嘲笑的に書かれている場合は、やはりそれも呪詛の一形態であると捉えています。

その意味では、現代メディアがやってることも全く同じで、映画やドラマ、そしてアニメ作品においても、昔ながらの「言葉による呪い」が込められており、その呪いが歴史上の特定人物に向けられているケースをこれまで幾つかご紹介してきました。

しかし、これを逆手に使えば、作品に込められている呪詛の形態から歴史的事実を辿れると考え、実際にその手法を用いてこれまでに「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」など大ヒットアニメに隠された古代日本の実相を分析してきました。

アニメ「SPY×FAMILY」もそれら呪詛的作品の例外ではなく、おそらくその背後には、隠された歴史的事実が存在するであろうと思われるのです。

■ヨルの名に隠された暗号

このアニメの主人公は「鬼の角型髪飾り」を付けた少女「アーニャ」ですが、ここではまず、その仮の母親であるヨルに注目します。

画像2:ヨル

このヨルさん、コードネーム茨姫(いばらひめ)の異名を持つプロの殺し屋で、運動能力が極めて高いという設定以外にこれと言った情報は付加されていないのですが、このヨルという名前をそのまま日本語の「夜」と解釈して良いことは、スパイである旦那役(ロイド)のコードネームが黄昏(たそがれ)であることから容易に察しが付きます。「黄昏に続いて夜が来る」ということです。

それでは次に「夜」に対応する歴史上の人物とは誰なのかを考察してみます。

これまでに少女神の分析を行ってきた対象が、日本書紀・古事記共に神代が中心であったことから、ここでも同時代の記述について調べてみることにします。

「夜」の字で記紀の神代原文を全文検索した場合、明らかに人名(あるいは神名)の一部として現れるケースは

 古事記:
  火之藝速男神(ひのやぎはやをのかみ)
  波邇須毘古神(はにやすびこのかみ)
  波邇須毘賣神(はにやすひめのかみ)
 
 日本書紀:
  月見尊(つきよみのみこと)
 
となります。

これでは両史書の間で共通項が見当たらないことになりますが、実は古事記には次の様な「夜」の記述があるのです。

 次詔月讀命「汝命者、所知夜之食國矣。」事依也。

次に月読命に詔りたまはく、「汝命(いましみこと)は、夜の食国(おすくに)を知らせ」と事依(ことよ)さしき。

ここでは表記の違いにご留意ください。「月夜見=月読=月讀(つきよみ)」であり、以下は「月読」で表記を統一します。

「夜の食す国」とはまさに夜の帳が降りた世界のことであり月読はまさに「夜」の統治者であると記されているのです。これは、月の美しく輝くのが夜の間であるという自然現象をそのまま詩的に表現しているとも言えますね。

以上から、記紀の神代記における「夜(ヨル)」の称号を持たされた人物(あるいは神)とは月読尊(つきよみのみこと)のことであろうと断定してよいのですが、問題なのはその性別なのです。

アニメにおけるヨルの性別は女性ですが、記紀では不詳、秀真伝では男性とされています。この性別問題については、前回記事「月読尊 - 隠された少女神」で提示した仮説を適用し、「ヨル(夜)」が月読尊を指す記号と解釈した上で、その性別はアニメが示すそのままに「女性」であった、即ち伊弉冉(イザナミ)の血を受け継ぐ少女神であったと解釈することにしたいと思います。

■アーニャは市杵島姫なのか

前回の仮説が適用できるとする根拠は、史書類から女系の血筋が隠されている(史実が改竄されている)のではないかと疑うところにあるので、その流れに従うと、当然ながら女性月読には娘がいたと考えざるを得ません。

秀真伝では男性月読に気吹戸主(いぶきどぬし)という息子が居たとの記述がありますが、この場合、こちらも女系を隠す意図の下で改竄されていると見なすべきで、実際には気吹戸主の嫁とされている市杵島姫(いちきしまひめ)が実の娘に当たるのではないかと見ることができます。

すると、ヨルとアーニャの母娘関係(偽装家族ではありますが)はそのまま次の様な対応関係になると考えられるのです

   母     娘
 —————————–
  ヨル → アーニャ
  月読 → 市杵島姫

すなわち、ヨルが月読を表す記号的存在ならば、アーニャも同じく市杵島姫を表していると見なすことができます。

画像3:アーニャは市杵島姫を象徴しているのか?

アニメの中で、アーニャは人の心を読む超能力を有する少女として描かれているのですが、これは神の託宣を受け取る特殊能力者であった古代巫女、すなわち少女神を表現しているとも取れるのですがどうでしょうか?

神話の中では、市杵島姫は宗像三女神の一人として誕生するのですが、全国の神社を回ってみると、三女神の中でも市杵島姫はとりわけ手厚く祀られている(あるいは封印されている)ように感じるのです。

厳島神社(いつくしまじんじゃ)と聞けば広島県の宮島にあるものが夙に有名です。ここでは宗像三女神を祀っているのですが、摂社・末社などの小社として全国に建てられている厳島神社の祭神は、基本的に市杵島姫を祀るお社として認識されている場合が多いようです(具体的に調べた訳ではありません)。

画像4:宮島の厳島神社

よく考えてみたら「いちきしま」と「いつくしま」は発声がそっくりで、ここからも厳島神社が基本的に市杵島姫を主な祭神としていた証であることが見て取れます。

また全国に多く見られる仏教の弁財天(弁天様)も、本地垂迹説的には市杵島姫と同一視されることが多く、やはり宗像三女神の中では市杵島姫が特別扱いされていると考えられるのです。

それが隠された少女神の血筋に由来することなのかどうか、現在はこれ以上深読みできないのですが、これについては、アニメ放送の今後の展開を見て再度考察を加えたいと思います。

■呪われた少女神

アーニャの鬼の角のような髪飾りと大好物のピーナッツ。これが節分の豆撒きにおける鬼と炒り豆の関係に相当し、鬼とされた存在に向けた呪いであることを上記(真)ブログ記事では述べています。

すなわち、これはアーニャへの呪いでもあり、同時に「市杵島姫への呪い」とも取れる訳ですが、一方ヨルの方は、血塗られた殺し屋の顔を持つ女として描かれています。

画像5:ヨル、依頼を受ければ殺し屋となる

茨姫と呼ばれる血塗られた女、それがどのような悪意を込めた呪いなのかは不明ですが、あまり聞こえの良いものでないのは事実です。少なくともそのモデルであろう月読を敬っていないのは確かだと言えます。

血塗られた女に炒り豆を投げつけられる鬼女、少女神に対する呪いとしてはもはや散々なのですが、実はこのアニメと放映時期を同じくして、この二人の特徴を併せ持つ次の特異なキャラクターが別の作品に登場しているのをご存知でしょうか?

画像6:チェンソーマンから血の魔人パワー
(C)藤本タツキ/集英社・MAPPA

単なる偶然だとは思いますがどこか引っ掛かるのです。そう言えば両作品共に出版元は同じ集英社ですね。また、遠藤達哉氏は藤本タツキ氏のアシスタントを務めていたこともあるそうです。


寒風に追われて辿るこの道はい笑ます君の宮へ誘う
管理人 日月土

月読尊 - 隠された少女神

前回の記事「瀬織津姫 - 名前の消された少女神」では、大祓詞(おおはらえのことば)にのみ登場する謎の女神、瀬織津姫(せおりつひめ)について取り上げました。

その大祓詞の文意から、どうやらこの祝詞(のりと)は、出雲族などの特定家系、そして少女神(皇后を輩出する古代巫女:女性シャーマン)の家系を呪っているのではないかと推察しています。

その考察の中で、大祓詞に登場する「祓戸四柱の神」(はらえどよはしらのかみ)の内、何かと違和感を覚えるのが、氣吹戸主(いぶきどぬし)であることを指摘しています。ここで、その四柱の神をもう一度おさらいしてみます。

後半の説明の為、秀真伝(ほつまつたえ)に出て来る人名と大祓詞の神名の対比として以下に記します。

    秀真伝    =    大祓詞
 ———————————————————————————————-
 ムカツヒメ  女性 = 瀬織津姫            女性
 アキコ    女性 = 速開都比売(はやあきつひめ)  女性
 イフキヌシ  男性 = 氣吹戸主            性別不詳
 ハヤフスヒメ 女性 = 速佐須良比売(はやさすらひめ) 女性

大祓詞では、3人(あるいは3柱)の名に「ヒメ」と付いていることから、その性別を特定するのは容易いのですが、イフキヌシについては詳細がよく分かりません。一方、秀真伝では姫を娶った男性として記述されているのですが、それならば、どうして男が1名だけこの4名の中に加わっているのでしょうか?これでは「少女神に向けた呪いではないか?」とした前回の結論から少々ズレてしまうことになります。

■イフキヌシの系譜

毎度のお断りでうんざりかもしれませんが、私は日本神話を「神話化された日本古代史」と捉えていますので、基本的にこの時代の考察を、人の歴史として記述する史書「秀真伝」に拠っています。

もちろん、記紀の神話的物語が全くのデタラメだとも思っておらず、その表現の中に、多くの事実を臭わせている、すなわち暗号化された史書であると捉えています。ですから、神話編纂者の意図を読み解くことにより、もしかしたら古代期の正確な事実が読み取れるのではないかと考えているのです。

基本的に全ての史書類はその後の権力者の都合で書き換えられることを免れません、そう考えると、秀真伝の全てが正確であるとするのも早計であり、むしろ、早くに神話化されたフィクション(神話)の方がより正確に当時の情報を残している可能性も考えられるのです。もちろん、その含意を解読できればの話となりますが。

さて、ここではまず、秀真伝に記されたイフキヌシの系譜について眺めてみましょう。

画像1:秀真伝に記されたイフキヌシの系譜
出典:池田満著「ホツマ辞典」付録より

なんと、イフキヌシの父は、イサナギ・イサナミの産んだいわゆる三貴子(天照・月読・素戔嗚)の一人である月読尊(つくよみのみこと)であるとされているのです。祖父が7代アマカミ(上代の天皇)であることから、イフキヌシが高貴な血統であることがここから窺えます。

そして、イフキヌシの妻は宗像三女神の一人でもあるイチキシマヒメであり、この姫は8代アマカミのアマテルカミの子女ですから、二人はいとこ同士であり、共にナギ・ナミに繋がる高貴な血筋であったことが分かります。

ここでイフキヌシについて考える時、当然問題となるのが、その父である月読尊がどのような人物(あるいは神)であったかなのですが、記紀においても、天照大神や素戔嗚尊に比べ、月読尊の記述は極めて限られており、実は

 性別すらはっきりしていない

のです。

一般には男性神と考えられているようですが、記紀に記述がない以上、それも推察でしかありません。それならば、秀真伝が伝えるように男性とすれば良いようも思えるのですが、そうなると

 イフキヌシが何故男一人だけ祓戸四柱の神に含まれているか?

その点がやはり不可解なまま残ってしまうのです。

日本神話の最高神で女神でもある天照大神の歴史上のモデルが、何故か男性王であるアマテルカミであることは何度もお伝えしていますが、要するに歴史的現実と神話との間には、何かの理由で

 性別の転換

が効果的に用いられている気配が極めて濃厚なのです。アマテルカミとツキヨミ、そしてイフキヌシの記述を秀真伝と記紀で比較した時以下の様になります。

        | 秀真伝 |  記紀
 —————————————————————-
 アマテルカミ | 男性  | 女性(女神)
 ツキヨミ   | 男性  | 性別不詳  
 イフキヌシ  | 男性  | 性別不詳

アマテルカミの場合、秀真伝には男性としての事跡が多く残されているので、歴史的には男性と考えて良いのですが、ツキヨミの場合は、嫁は娶ったとされるものの、そこまで男性性が強く出てるとは言い難く、その上に記紀で性別不詳とされているのですから、この場合、秀真伝の方に何か作意が働いているのではないか、そう考えるべきではないかと思われるのです。それはまた、ツキヨミの子であるイフキヌシについて向けられる疑いでもあるのです。

ここで、ツキヨミが実は女性だったのではないかと仮定すると、画像1に示した少女神の系譜はシタテルヒメとツキヨミの2系統に分かれることになり、すると、イフキヌシと少女神との関係がより明確に見えてくるのです。

■身代わりとなったイフキヌシ

ツキヨミは女性であり、少女神イサナミの血の継承者であったのではないか?そしてその子であるイフキヌシとは何者であったのか?

前回の記事を上梓して以降、ずっとこれについて考えていたのですが、その仮定の下に辿り着いたのが以下の結論(仮説)となります。

画像2:ツキヨミが女性(少女神)と仮定してみた

この図で注意してだきたいのは、ツキヨミを女性と解釈しただけでなく、いとこ同士である、イフキヌシとイチキシマヒメが交換された関係にあるだろうとしたことです。

何故このような強引な仮説を用いたのか?その根拠とは、一重に

 古代期においては、少女神の血の継承こそが最も重要

と判断したからであり、仮にツキヨミの子が男性のイフキヌシだけであれば、その時点で血の継承は途絶え、上代皇室内の重要問題とは成り得ないからです。

ここで、「イサナミ → ツキヨミ → イチキシマヒメ」という少女神の血の継承が行われたと仮定したとき、始めてイフキヌシが大祓詞に登場する意味が生まれるのですが、これがどういうことかお分かりになるでしょうか?

この理解には言霊による呪術の考え方が必要とされるのですが、敢えて嚙み砕いて説明すれば次の様になります。

大祓詞は少女神への呪い。但し、その力はこの世の権威の独占に不可欠である。ならば、「月」の家系だけはそこから外そう。こっそりと。


つまり、イチキシマヒメの旦那であるイフキヌシは身代わりにされたのです。


* * *

映画「すずめの戸締まり」が公開されて1ヵ月、私もブログでこの映画を取り上げては、神話に関する細々とした点を指摘していますが、実はこの映画で一番に気付いて頂きたいのは次のシーンなのです。

画像3:映画冒頭現れる常世に浮かんだ月
©すずめの戸締まり製作委員会

この月が何を意味するのか、もうお分かりですよね?すると、画像2に私が挿入した「鈴(すず)」の絵の意味もお分かりになったはずです。そう、すずめ(鈴女)なんです。

画像4:月読神社(上州一之宮貫前神社内 12/8撮影)


人は言う姫の大神隠れしとその名を告げよ荒船の氣吹
管理人 日月土

瀬織津姫 - 名前の消された少女神

前回、前々回とアニメ映画「君の名は」を題材に、日本の古代王権がどのように継承されていたのか、「少女神による女系継承」という仮説に基づいて考察してみました。

これまでに構造分析を試みたアニメ作品とそこに登場した少女キャラクター、それと秀真伝に記されている上代皇統の系図を組み合わせたのが以下の図となります。

画像1:上代皇統と少女アニメキャラ

どうしてこうなるかは過去の記事を読んで頂きたいのですが、世の中で話題となった大ヒット人気アニメが、実は日本古代史(あるいは神話)を何度もその題材として取り上げていることは注目すべき点であります。

そう言えば、現在公開中の「すずめの戸締まり」をはじめ、鳴り物入りのアニメ作品の主人公が基本的に「少女」であり、男の主役はどちからというと影が薄いのは共通しているパターンだと言えます。

■もののけ姫に描かれた女系継承

なんだかアニメのストーリーを無理矢理に女系継承の話に持って行ってないか?というご批判はもっともなのですが、これが権力の継承を象徴していると考えられるシーンが「もののけ姫」に登場したのを覚えておられるでしょうか?

画像2:カヤからアシタカに手渡された黒曜石の小刀

カヤはアシタカと別れる時に、形見として黒曜石の小刀を渡すのですが、そのカヤからの大事なプレゼントを、アシタカはサンにあっさりと手渡してしまいます。

このやり取りを見て、多くの女性視聴者が「アシタカは女心の分からない最低の男!」と評したかどうか分かりませんが、少なくともアシタカのこの行動に何の意味があるのか理解できなかった方は多かったと思います。

実は、この小刀を「権力継承の象徴」と見ればあっさりとこの謎は解決するのです。つまり、画像1において、栲幡千千姫から木花咲耶姫へと皇后の権威が次の世代へ移動した象徴と見れば良いのです。

これに加え、小刀が黒曜石であることにも大きな意味があるのです。みシまる湟耳著「ヤタガラスの娘」にも書かれていますが、伊豆七島の神津島は古代少女神と非常に関連が深い島として紹介されています。そして、その神津島こそが古代から黒曜石の重要な産地であり、神津島産の黒曜石は、対岸の静岡地方だけでなく、内陸は長野県の遺跡からも多く出土しているのです。

画像3:御前崎の「星の糞遺跡」
星の糞とは地面の上で星の如く煌めく黒曜石の破片ことで、ここから出土する
黒曜石の約90%が神津島産とのこと。古くは縄文時代後期からなる遺跡。

少女から少女へと受け継がれる黒曜石の小刀、これはまさしく古代女系継承を表現しているとは言えないでしょうか?宮崎監督はこのシーンについて「男とはそんなもん」と嘯いているようですが、この表現に隠された真意は極めて重要なのです。

■大祓詞と瀬織津姫

画像1にある瀬織津姫は、何故か記紀の日本神話の中に登場しない不思議な神様です。しかし、神話ではない人の歴史として古代日本を記述する秀真伝(ほつまつたえ)には、はっきりと男性王アマテルカミの正妻ムカツヒメ(瀬織津姫)として記述されているのです。

実は、記紀と秀真伝のこの大きな食い違いこそが、女神である天照大神(あまてらすおおかみ)を最高神と戴く日本神道の大きな矛盾点なのです。別の表現をするなら、国家神道の根幹部分がそもそもあやふやであり、それ故に私は、日本神話をファンタジー化された歴史の捏造と捉えるのです。ただし、神話化されたということは元の歴史的事実があるということでもあり、その意味では記紀が全く無価値だと言うつもりもなく、むしろ最も解読が求められている暗号書であると捉えているのです。

さて、男性王アマテルカミを女神天照大神に書き換えてしまったら、その妻である瀬織津姫の存在は不都合極まりありません。ですから、単純にテクニカルな意味で記紀の記述からそっくり外されてしまったのは容易に考え得ることです。

しかし、そこまでしておきながら、何故か大祓詞(おおはらえのことば)にはその名が出て来るのですから、その点は少し困惑してしまいます。ここでその大祓詞とやらを眺めてみましょう。

画像4:大祓詞(1/4)
画像5:大祓詞(2/4)
画像6:大祓詞(3/4)
画像7:大祓詞(4/4)

「ヤタガラスの娘」の中で、みシまる氏は①~③を呪いの言葉、④~⑦はいわゆる祓戸四神なのですが、これを瀬織津姫の神的パワーを削ぐために4柱の神名に分けて記述したものだとしています。

①の「金木(かなぎ)」は製鉄を表す言葉で、これをタタラ姫の家系、すなわち少女神の家系と推定し、その本(先祖)と末(子孫)を打ち切るとは、先祖末代を祟る呪いであるとしています。

また、これと同様に②の「菅麻(すがそ)」を蘇我氏、③の「彼方(をちかた)」を古代祭祀族の物部氏と推定し、やはり同家系を呪っていると断じているのです。

このみシまる氏の説には私も概ね同意なのですが、私は①の金木は鉄生産の国である古代朝鮮国の伽耶(かや)を指し、そこを出身とする女性シャーマンの家系、すなわち少女神の家系を指すと考えます。

また、②については「すがそ」を「須賀祖」と読めば、これは素戔嗚尊(すさのおのみこと)の家系、即ち大物主の家系を表し、即ち国津神である出雲一族を呪った言葉であると解釈するのが自然であると考えます。

なお、③については私も不案内なので多くの言及を控えますが、大祓詞を考案した中臣氏以前の祭祀族を呪うのは十分あり得ることだと考えられるのです。要するに

   大祓詞とは特定一族を呪う為の祝詞(のりと)

であると考えられるのです。

さて、ここに登場する瀬織津姫なのですが、みシまる氏の神的パワー分散説については恐らく違うであろうと考えます。というのも、秀真伝には一応、瀬織津姫以外のそれぞれの名前についてもその系図がきちんと示されているからです。

 カナサキ → ハヤアキツヒメ(速開都比売)
 ツキヨミ → イフキヌシ(氣吹戸主)
 アカツチ → ハヤフスヒメ(速佐須良比売)

おそらく、この時代で名前の残っている女性は基本的に各家に養女にもらわれた少女神の家系出身者と考えられるのですが、少女神については大祓詞の①で既に呪いが掛けられているので、実はここに登場する姫神はとりわけ強く呪われているとも考えられるのです。

つまり、瀬織津姫は記紀から名前を消されただけでなく「金輪際絶対出て来るんじゃねぇ!」とより強烈に呪いを掛けられた存在ではないかと考えられるのです。

逆に言うと、瀬織津姫は神道の世界観ではそれほどまでに恐れられている存在であり、同時にそれは、古代日本において女性シャーマンとして非常に卓越した能力があったことを指しているとも考えられるのです。

「君の名は」で、年老いた一葉として瀬織津姫の型を出してきたのも、恐る恐るながらもその力にあやかりたい、そのような意図があったのではないか、私はそう思うのです。


* * *

さて、少女神の観点で祓戸四神を眺めた時、一人だけ首を捻る存在がそこにあるのを無視する訳にはいきません。それは「氣吹戸主(いぶきどぬし)」です。名前の語感からもそうですが、秀真伝でも氣吹戸主は男性なのです。

祓戸四神と括りながらその構成は女3人に対し男1人、この違和感はいったい何なのか?そもそもその親であるツキヨミ(月読尊)は、記紀でも殆どたいした記述がありません。謎の登場人物である月読尊とその子である氣吹戸主。今回の少女神といったいどのように絡んでくるのか、瀬織津姫の謎と共にこちらも追っていく必要がありそうです。

画像8:突然メディアに現れたN国の少女
参考:金閣下、ご返信ありがとうございます
この少女のことを私は市杵嶋姫(いちきしまひめ)と呼んでいます


高天原小宮に坐ます姫神の母なる思ひ今ぞ伝えん
管理人 日月土

時間を結ぶ少女神 - もう一つの「君の名は」(2)

※この記事は、前回「時間を結ぶ少女神 - もう一つの『君の名は』」の続編となります。既に「君の名は」を鑑賞されていることを前提にしておりますので、まだの方はネタバレ注意でお願いします。

さて、このアニメ映画もジブリ作品と同様に日本古代史(あるいは日本神話)をそのモチーフに組み込んでいると考えられるのですが、その前提で、次の様な設問を読者の皆様に課題として出していました。

 Q:三葉と瀧の歴史上のモデルは誰か?

この設問へのヒントとして、メソポタミア神話の女神ティアマトとの関連から、どうやら映画に登場するティアマト彗星が伊邪那美命(=伊弉冉尊:いざなみのみこと)を象徴しているらしいという解説を掲載しましたが、今回はこの話を更に掘り下げてみます。

■出会いのシーンは神話そのもの

説明を始める前に、まずは日本書紀に記述されている次の文面をご覧ください。

故(かれ)、二(ふたはしら)の神、改めて復柱(またみはしら)を巡りたまふ。陽神は左よりし、陰神は右よりして、既に遇ひたまひぬる時に、陽神、先づ唱へて日(のたま)はく「妍哉、可愛少女(あなにゑや、えをとめ)を」とのたまふ。陰神、後に和(こた)へて日はく、「妍哉、可愛少男(あなにゑや、えをとこ)を」とのたまふ。然(しこう)して後に、宮を同くして共に住ひて児(みこ)を生む。大日本豊秋津洲(おおやまとあきづしま)と号(なづ)く。

岩波文庫「日本書紀 一」神代上 一書から

こちらの現代語訳は次の様になります。

二柱の神は改めてまた柱のまわりを回った。男神は左から、女神は右から回って出会ったときに、男神がまず唱えていわれた。「おや、何とすばらしい少女だろう」と。女神が後から答えて「おや、何とすばらしい男の方ね」と。その後で同居をされて子を生まれた。大日本豊秋津洲と名づけた。

講談社学術文庫「日本書紀(上)」宇治谷孟現代語訳から

伊邪那岐命(=伊弉諾尊:いざなぎのみみこと)と伊邪那美命の男女神の初めの出会いは、それぞれの回る向き、および発声の順序に問題があり、改めて上記引用の様に回り直したところ、正しく国生みが始まったとあります。

ここで、前回も紹介した三葉と瀧がカワタレ時に山上で邂逅したシーンを改めて見てみます。

画像1:山上で邂逅した瀧と三葉

もうお気付きかと思いますが、このシーンは上述の日本書紀の記述とシチュエーションが酷似しているのです。それを図解したのが下記になります。

画像2:御神体の外周を初めは左回りする三葉(心は瀧)
画像3:互いが見えずすれ違う二人(心が入れ替わった状態)
画像4:すれ違いの後に向きを変え互いに相手の姿を見る二人(心は元の状態)

御神体を中心に瀧と三葉は初めはそれぞれ右回り・左回りの方向に走り出します。しかし、二人はすれ違ってしまう。ところが、ちょうどその時がカワタレ時だというのもありますが、互いの気配を感じた二人は、引き返すため進行方向をそれぞれ左回り・右回りへと変えた時に出会うことができるのです。

これを整理すると次の様になります。

 日本神話:
  御柱の周りを回る
  伊邪那岐命(右回り)&伊邪那美命(左回り) → 国生み失敗
  伊邪那岐命(左回り)&伊邪那美命(右回り) → 国生み成功

 君の名は:
  御神体の周りを回る
  瀧(右回り)&三葉(左回り) → 出会えない
  瀧(左回り)&三葉(右回り) → 出会える

このように、私から見れば瀧と三葉のこのシーンは明らかに日本神話のそれをモチーフにしていると読むことができ、よってここから

 瀧のモデルは「伊邪那岐命」
 三葉のモデルは「伊邪那美命」

と結論付けることができるのですが、実はこの結論ではまだ説明できない設定が残っているのです。それは、三葉の血縁である、一葉、二葉、そして四葉との関係なのです。

■少女神の系譜

このアニメの設定において、三葉の家である宮水家は、代々村の宮水神社を守る神主やの巫女(みこ)を輩出した家とされています。ところが、入婿である三葉の父は、母の二葉の死去後に家を離れ、家に残されたのは、祖母の一葉、三葉、妹の四葉の女性だけの家として描かれています。

この設定だけをみれば、水宮家は明らかに

 女系家族である

ことが窺われるのです。

これは一体どういうことでしょうか?ここで、神話ではない人の歴史として古代を綴る、秀真伝(ほつまつたえ)に従って、伊邪那美命からその後に3代続くアマカミ(上代の天皇)の系図を見てみましょう。

画像5:秀真伝によるイザナギ・イザナミとそれに続く3代
※漢字表記は日本書紀によるもの(瀬織津姫を除く)
※秀真伝ではアマテルカミ(天照)は男性王である

日本の史書は基本的に男系継承を軸に記述されているので、どうしても上図で示すようにになってしまうのですが、ここで注目すべきなのは王権の中心であるアマカミではなく、その后(きさき)の方なのです。

既にティアマト彗星は伊邪那美命の象徴であろうとしているので、同じように映画に登場した宮水家の人員をこの図に当てはめると次の様になります。

画像6:古代系図と「君の名は」の対応

図の中で、特に三葉と四葉の姉妹関係などを見る限り、登場人物がピタリと上代アマカミの歴代皇后の系譜に当てはまることが分かります。ここから類推する限り、どうやら三葉は木花開耶姫(このはなさくやひめ)に該当し、ここから、前回出した設問の答も

 瀧のモデルは「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)
 三葉のモデルは「木花開耶姫」

ということになります。

しかしここでまたもや問題になるのは、どうして、伊邪那岐命・伊邪那美命と瓊瓊杵尊・木花開耶姫の関係を重複させているかなのです。

この映画のラストシーンでは、瀧と三葉が相手に対し同時に「君の名は?」と呼び掛けますが、「君」とは抽象的かつ普遍的な意味で王と后の両方を指していると考えられ、特定の世代に限定されないことが分かります。

ここでぜひ、過去記事「少女神の系譜と日本の王」を読み返して頂きたいのですが、同記事の中では、私は一つの仮説を取り上げています。それは

 古代日本の王権は母系(女系)継承だったのではないか?

というものです。

すなわち、伊邪那美命と木花開耶姫のイメージをここで重ねてきた一番の理由とは

 伊邪那美命と同じ血を継ぐ女性が代々皇后に選ばれてきた

その事実を開示せんがために、あるいは、日本人の潜在意識が既に把握しているこの事実に対して、何か心理的な作用を与えるために、敢えてこのような設定を盛り込んできたのではないかと推測されるのです。

記紀や秀真伝を読む限り、これらの皇后はそれぞれ別の家系を出自に持つ女性ばかりですが(*)、私はこれらも古代史改竄の一つで、実は

 同一家系から、一旦他の有力者の養女に迎え入れていた

のが事実ではないかと考えるのです。その母系継承についての考察をみシまる湟耳氏の著書「少女神 ヤタガラスの娘」では述べているのですが、私も同様にそのルーツが海の向こうの古代朝鮮の伽耶、そして更に遡ること西アジアのメソポタミア周辺に及ぶと見ているのです。

*例えば、栲幡千千姫は高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)の娘、木花開耶姫は大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘とされており、これだけ見れば両者は全く別の家系の出自となる。

また、なぜ后に特定の血筋を求めるのかなのですが、これはみシまる氏も指摘しているように、神と通信する女性シャーマンとしての優れた能力が代々彼女たちに受け継がれており、当時の社会においては彼女たちを后にすることが王権を得る上での絶対条件であったと考えられるのです。

これは、三葉が巫女姿で舞を踊ったり、口噛み酒を造ったりするシーンに象徴されていると見ることができます。現代的な解釈では、そんなのは迷信であったり習慣化した作法でしかありませんが、古代社会において、呪術とは実践科学であり、神の声を聞く彼女たちの能力は共同体運営に欠かせないものであった。彼女たちを后に置くことはまさに自国の存亡に関わる重要なことだったのではないでしょうか。

■三葉とサン

このブログの読者様なら既にご存知の通り、ジブリ映画「もののけ姫」に登場したサンの歴史モデルが「木花開耶姫」であり、アシタカのモデルが「瓊瓊杵尊」及び「天若彦」(あめわかひこ)のダブルキャストであることは既に結論が出ています。

関連動画:モロともののけ姫の考察

つまり、「君の名は」における三葉の役柄は「もののけ姫」のサンの焼き直しということになります。

画像7:三葉とサン(どちらも3)
サンのキャラデザインもどこか古代巫女風である

私がここで問題にしたいのは、なぜ日本のアニメ映画はこの時代の人物を執拗にモデルに取り上げるのか、果たしてその点なのですが、それについてはもう少し分析を進めて行く必要がありそうです。

おそらく、前回とりあげた日本のメディア作品の大テーマ「時間の循環と過去改変」に関係あるのだろうと今は予想しています。


浜辺にてすくう真砂の数よりも幸多くあれ姫宮の君
管理人 日月土

時間を結ぶ少女神 - もう一つの「君の名は」

今月28日、11月に公開される新海誠監督の新作「すずめの戸締り」にタイアップしてか、5年前の大ヒットアニメ「君の名は」が放映されました。

 関連記事:新海アニメの完成数 

この作品、絵が美しく物語も詩情豊かにまとまっているので、あまりくさすような事を書きたくないのですが、それでも日本のヒットアニメに共通する基本パターンはしっかりと踏襲しており、それについてはやはり指摘しておかなければならないでしょう。

以下、このアニメ作品の構造解析について説明して行きますが、既に同作品をご覧になっていることを前提に進めて行きます。まだ観たことがないという方は、ぜひ鑑賞してから読み始めることをお勧めします。

画像1:「君の名は」公式ページから

■時間の循環(ループ)

この物語は、3年前の三葉(みづは:主役の女子高生)と現在に生きる瀧(たき:主役の男子校生)との時間を超えた奇妙な交流から始まります。そのやり取りの手段も、時より二人の心と身体が入れ替わった時に、互いに残した日記を読み合うという、極めてSFファンタジー的な設定となっています。

画像2:瀧と三葉、出会いの名シーン

二人が直接顔を見合わすシーンは、それこそ山上での短い「彼は誰時(かわたれどき)」と、ラストのあの感動的な出会いのシーンだけなのですが、その二人の時間的・空間的距離の遠さこそが、この少年少女の仄かな慕情を募らす大きな要素となっています。この辺の演出はさすがだなと私も感心することしかりでした。

この、可愛らしくも美しい恋慕の情に観る人は心惹かれるのだと思いますが、ところがどっこい、ここにもお約束のテーマがしっかりと隠されているのです。そのテーマが何であるかは、三葉の祖母である一葉(ひとは)のセリフを通して次の様に語られています。

左から祖母の一葉、母の二葉(ふたは)、妹の四葉(よつは)

三葉、四葉、結びって知っとるか?土地の氏神様を古い言葉で結びって呼ぶんやさ。この言葉には深い意味がある。糸を繋げることも結び、人を繋げることも結び、時間が流れることも結び、全部神様の力や。わしらの作る組紐もせやから、神様の技、時間の流れそのものを表しとる。寄り集まって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って途切れ、また繋がり、それが結び、それが時間。

この「時には戻って途切れ、また繋がり、それが結びそれが時間。」という部分はたいへん重要で、これは時間の流れというものは永遠普遍ではなく、切れたり繋がり直ったりすると言ってることです。

物語の中でも、3年先の未来の人である瀧の介入により、ティアマト彗星の落下により失われるはずだった三葉の命が救われる、すなわち過去改変が行われるのですが、ここには、

 ・未来から過去への時間の循環
 ・過去の事実への介入

という、日本アニメ・映画作品で良く見られるテーマがしっかりと盛り込まれているのです。同様なテーマを表現する作品の例を挙げれば

 ・ドラえもん
 ・火の鳥
 ・時をかける少女
 ・涼宮ハルヒの憂鬱
 ・エウレカセブン AO
 ・シュタインズ・ゲート
 ・魔法少女まどかマギカ
 ・Re:ゼロから始める異世界生活

海外作品まで目を向ければ

 ・バック・トゥ・ザ・フューチャー
 ・ターミネーター

など、他にも色々あります。また「時間の循環」を「ループ」と置き換えれば次の様な作品もその範疇に入って来ます。

 ・テラ戦士Ψボーイ
 ・マトリックス・レザレクション
 ・鬼滅の刃 無限列車編

世の中の全てのメディア作品に目を通すほど私も暇ではありませんが、これまで観てきたものだけ取り上げてもこの数ですから、「時間循環と過去改変」なるテーマがメディア表現に如何に多く埋め込まれているのかお分かりになると思います。

画像4:メディア作品はループばかり
1985年の日航123便事件、2011年の東日本大震災、2020年の
コ〇ナパンデミックなど、大災厄の発生年を基準にまとめてみた

要するに「君の名は」も、メディア業界における大テーマに沿った作品であり、そこにはまた、人を感動させる以外の別の目的も仕込まれているのだと考えるべきなのです。

■日本神話との関連性

アニメ作品に見られる日本神話との関連性については、これまで、スタジオジブリ作品の「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」についてその神話的・古代史的分析を試みてきました。今回の「君の名は」についても、主人公の三葉の家が代々水宮(みずみや)神社を守る巫女の家系であるという設定が、何やらその関連性を臭わせています。

作品の中では三葉が巫女として鈴を鳴らしながら神楽を舞ったり、口噛み酒を造るシーンが登場します。余談ですが、そもそも「醸す」とは「噛む」から来ている言葉で、「かむ」はそのまま「神(かむ)」に通じ、本来は神聖な行為であることを意味してます。それについて一葉おばあちゃんが語るシーンもあり、このようなディテールの細やかさはこの作品の大きな特徴でもあります。

さて、読者の皆様におかれましては、分析を進める前に、まず次の点について考えてみてください。

ジブリ映画「もののけ姫」の構造分析では、その主人公であるアシタカとサンがそれぞれ日本古代史(あるいは日本神話)における「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」および「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」をモデルにキャラクタ設定されていると結論を得ました。詳しくは過去記事をご覧になってください。

そこで同じように「君の名は」が日本古代史をモデルにしていると仮定した時、

 ・三葉のモデルは誰なのか?
 ・瀧のモデルは誰なのか?

これを考えてみて欲しいのです。

三葉(みづは)という名前の響きから、日本書紀では罔象女神(みつはのめのかみ)、古事記では弥都波能売神(みづはのめのかみ)と表記される女性神が連想されますが、この神様、両書の記述に共通しているのが、伊邪那美命(いざなみのみこと)の尿(ゆまり:おしっこ)から和久産巣日神(わくむすびのかみ、男神)と共に誕生したと記述されいる点です。

「むすび」とは、上述の一葉おばあちゃんのセリフにも出てきており、この語呂による関連性の推測が全く的外れということも無さそうです。

他に似たような名前も見つからないし、だったら、三葉のモデルが罔象女神で、瀧のモデルが和久産巣日であるとしても良さそうなのですが、それだと、一葉、二葉、四葉など近親者との関係性がうまく説明できませんし、わざわざ二人の主人公の超時空的なめぐり逢いを強調する意味も見出せません。どうやらこれについてはもうひと捻りする必要がありそうです。

■ティアマト神とは何か

この映画の冒頭は天空を流れる美しく輝いて流れるティアマト彗星のシーンで始まります。もしもこの映画に神話的モデルがあるならば、当然ですが最初のこのシーンに何か大きな意味が込められていると考えられます。

画像5:冒頭で表現されるティアマト彗星

ティアマトとはメソポタミア神話に登場する女神で、多くの神々を誕生させた原初の神、海の女神とされるも、その存在については抽象的に描かれていることが多く、容姿などについては蛇神、ドラゴン、など異形の神とも考えられていたようです。

バビロニアの創世神話『エヌマ・エリシュ』のあらすじについて、Wikiの解説は次のように記述しています。

ティアマトはアプスーを夫として多くの神々を誕生させたが、新しい世代の神々の騒々しさに耐えられず、ついに神々の殺害を企てる。

 (中略)

ティアマトは一人でマルドゥクに挑み彼を飲み込もうと襲い掛かったが、飲み込もうと口を開けた瞬間にマルドゥクが送り込んだ暴風によって口を閉じられなくなり、その隙を突いたマルドゥクはティアマトの心臓を弓で射抜いて倒した。

ティアマトを破ったマルドゥクは「天命の書版」をキングーから奪い、キングーの血を神々の労働を肩代わりさせるための「人間創造」に当て、ティアマトの死体は「天地創造」の材料として使うべくその亡骸を解体。二つに引き裂かれてそれぞれが天と地に、乳房は山に(そのそばに泉が作られ)、その眼からはチグリス川とユーフラテス川の二大河川が生じたとされる。こうして母なる神ティアマトは、世界の基となった。

引用元:Wikipedia

この世に多くの神々を生み出したティアマトは、メソポタミア神話の英雄であるマルドゥクとの闘いに敗れはしたものの、その死骸から世界の原型が生まれたとされています。

多くの神々の生みの親となり、死んでなおその身体から天地が創造された海の女神!?大雑把ですが、これと似たような話、何だかどこかで聞いたことがないでしょうか?

天地創造とはまさに「国生み」であり、死とは「黄泉の国」へと去ること、そしてその肉体や排泄物から多くの神々を生み出したとは、前述の罔象女神で述べたように、記紀の神代に記された伊邪那美命の描写に極めて類似しているのです。

ここで、物語に登場する幾つかのキーワードは次の様に繋がってくるとは考えられないでしょうか?

 ティアマト彗星 → ティアマト神 → 伊邪那美命
 水宮 → 水の神 → ティアマト神 → 伊邪那美命
 三葉(みづは) → 罔象女神(みづはのめ)の親 → 伊邪那美命

そしてまた、物語冒頭にティアマト彗星が登場するということは、

 全ては伊邪那美命から始まる

の意であり、古代史における伊邪那美命からの繋がりを辿ることで、三葉のモデルがいったい誰なのか、それを特定するための道筋が見えてくるのです。


* * *

このテーマは2回に分けて記述したいと思います。読者様へは

 三葉と瀧の歴史上のモデルは誰か?

という質問を投げかけておりますが、私が予想している答が必ずしも正解とは限りませんので、どうぞ皆様も一緒に考えて欲しいのです。

その際は、どうして「身体と心の入れ替わり」という表現が使われたのか、また、どうして二人が互いを「君(きみ)」と呼ぶのか、その辺も併せて考えてみてください。

これらを齟齬なく網羅できる解答こそが、おそらく正解なのだと思います。そして最も肝心なのが、どうして日本古代史を執拗にそのモチーフに使おうとするのか、それも時間の循環と重ねて、その辺の制作者側の真意なのです。


時越えて打ち寄す波の海原に何をか結ばん三島姫神
管理人 日月土

佐用姫伝説の地を訪ねる

つい先日、佐賀県は唐津市へと知人と共に史跡を回ってきました。今回の記事はその記憶がまだ鮮明な内にと、調査の記録を綴ったものです。

佐賀県と聞くと、特に目立つ産物もなく、九州で最も地味な県と認識されている方も多いと思いますが、歴史研究においては謎多き魅惑の土地でもあるのです。

その中でも佐賀県の北部、玄界灘に接している唐津は、史跡の宝庫である福岡県糸島市の西隣で、博多からも電車または車で1時間少々しか離れていません。ですから、ここから大都市である福岡市内に通勤されている方も居られるようです。

画像1:佐賀県唐津市の地理関係 (Googleマップより)

上の地図をご覧になれば分かるように、福岡同様、唐津は対馬や壹岐などの離島、そして朝鮮半島にも近く、どう考えてもここが歴史の舞台にならない訳がないのです。もっとも、唐津在住の知人は「こんなところ呼子(よぶこ)のイカと名護屋城くらいしかありませんよ」と謙遜されますが、それはまた、唐津の歴史的価値が未だに埋もれたままになっていることの裏返しであると私は思っています。

そんな知人が、「何か歴史的に重要なものはないか?」という私の問いに対して示してくださったのが、地元で良く聞かされていたという「鏡山(かがみやま)と佐用姫(さよひめ)伝説」だったのです。

佐用姫伝説についてはWikiペディアの「松浦佐用姫」に詳しいのですが、何でも日本三大伝説の一つとも言われる、昔から全国的に有名なお話なのだそうです。とは言っても、私の場合はその知人から話を聞くまでは何も知りませんでしたし、読者の皆様でもそういう方は多いでしょう。

伝承については、複数のバリエーションがあるようなのですが、まずはスタンダードな伝承スタイルとして、佐用姫伝説ゆかりの地でもある、唐津市呼子町の田島神社、その摂社である「佐與姫神社」の案内板から次の解説文を引用します。

               佐與姫神社

松浦佐與姫を祭るこの神社は、宣化天皇二年十月、大伴狹手彦(おおとものさでひこ)は勅命によリ、任那を援護することになり、京の都を発し、松浦国篠原の里に滞在した。

篠原村長者の娘佐與姫は心優しく狹手彦と相思の仲となった。いよいよ出航の時、別れを惜しみ後を慕い、領布振山 (ひれふりやま=鏡山のこと)に登り遙に船影を望んだ。更に松浦川を渡り沖合遠く走る帆影は小さく雲間に没して見えなくなった。

姫の悲嘆はますます募り、田島神社の神前に詣でて夫の安泰を祈念しながらも泣き続け息絶えて神石となられた。世に言う望夫石である。これをお祀りしたのが当社である。

豊臣秀吉より文禄二年百石の御朱印以来、徳川将軍家に引継がれた。その後佐與姫の想いがかない、狹手彦は無事帰国した。以後唐津城主の姫君などがお忍びで再三参拝され、良縁の御守を持ち帰られた “以来縁結びの守神として信仰厚く、男女の参拝は習俗となって現在も続いている。

以上が佐用姫伝説として知られている一般的なストーリーなのですが、この美しい恋愛譚が人の心を打つのか、昔から縁結びの神様として崇敬を集めていたようです。

しかしこのお話、元々の土地伝承(風土記)とはかなりの相違点があるようなのです。

画像2:加部島の佐與姫神社(9/28撮影)

■付け加えられた石化伝承

佐用姫伝説の相違点、これについては現地の郷土史研究家の岸川龍氏が分り易く論文まとめられているので、ここではそのURLをご紹介すると共に、その要約のみを簡単にお伝えしたいと思います。

 関連記事:鏡山と万葉 松浦佐用姫伝説考 

岸川氏が指摘する風土記と一般伝承の相違点は次の通りです

 相違点1:風土記の佐用姫は石にならない(石化)
 相違点2:風土記の佐用姫は蛇に連れ去られ絶命する(蛇婚)
 相違点3:風土記の佐用姫は「鏡」を川に落とす(鏡)

どうやら、佐用姫伝説が紹介された鎌倉時代の説話集に、佐用姫伝説と中国由来の「亡夫石」伝承が併記されていたため、話が融合して記憶されてしまっただけでなく、土地伝承に含まれる気味の悪い箇所が切り捨てられたのではないかと、岸川氏は推察しているのです。

また、同論文は佐用姫伝説を題材にした万葉集の7首を例に上げ、そこには「蛇婚」もなければ「鏡」もない、そして「石化」の表現すら見られず、単に男女別離の悲哀を歌っただけであることも指摘しています。

万葉集を含む全ての表現に共通しているのは、山の上から夫に向かって「領巾を振る」という佐用姫の律儀で切ない行動だけなのですが、これらを、時間の経過による伝承の変化と結論付けるには、少し気になる点も多いのです。

画像3:佐用姫が領巾を振ったとされる鏡山から唐津湾を望む(9/27撮影)

■佐用姫は巫女であった

先代旧事本紀には、十種神宝(とくさのかんだから)というと饒速日命(にぎはやひのみこと)が天降りする際に、天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする、皇統の証となる神宝について書かれた箇所があります。

この神宝の中には蛇比礼(おろちのひれ)・蜂比礼(はちのひれ)・品物之比礼(くさぐさのもののひれ)という3種の領巾(=比礼=ひれ)が含まれていますが、ここからも分かるように、領巾とは一種の神具であり、これを単純に「スカーフのようなもの」と解釈するとこの物語の解釈を誤ることになると私は思うのです。

また、領巾を振るとは明らかに何らかの呪(まじな)い事を意味しているのですが、文脈から素直に考えると、佐用姫の領巾振りは、夫の無事の帰還を願う祈りと捉えることができます。

しかし、ここで問題なのが、肥前風土記にある「鏡」の一節で、鏡が古代日本において特別な神宝及び神具であることを考慮すれば、これらの道具を携える佐用姫とは、ただの美しい豪族の姫ではないことに直ぐに気付かされるのです。

これらから、佐用姫が古代巫女(シャーマン)であった可能性は極めて高いと私は考えます。

また、一般伝承に「鏡」の伝承が抜け落ちてしまっているのに、どうして現在に残る佐用姫所縁の山が「領巾振山」と「鏡山」の二つ名であるのか、それは、巫女佐用姫の記憶が今でも強く残っているからと考えられないでしょうか?

画像4:鏡山展望台の松浦佐用姫像(9/27撮影)

すると、佐用姫と大伴狹手彦の関係、特に佐用姫の出身が唐津の山間部である厳木(きゅうらぎ)であることを考慮すると、海神族系の大伴氏との関係は奇妙であるばかりでなく、宣化天皇の一代前である継体天皇が大伴系の血筋であることも何か関連するように思えてくるのです。

大伴狹手彦の渡航から130年後には白村江の戦いが起きて日本は大敗北を喫するのですが、この新羅征伐が後の白村江に関わってくるのはもはや明白でしょう。この様に考え始めると、この伝承を巡る様々な当時の事情がもう一段深く見えてくるのですが、それらの考察については次回に持ち越したいと思います。


鏡山沼辺の小屋に湧き出づる人影隠れ蛇と現る
管理人 日月土

弥生の文字と田和山遺跡

いつもと違い、今回は時事ニュースから古代史に関するトピックを取り上げたいと思います。まずは元ネタになる報道記事を見てみましょう。

「正直、まさかと…」国内最古の文字?…実は「油性ペンの汚れ」だった
9/9(金) 19:56配信

1997年に島根県松江市の田和山遺跡で出土した、弥生時代中期の「すずり」とされる石。

表面に黒い線があり、日本最古の文字の可能性があるとされていましたが、松江市からの依頼を受けて、奈良県立橿原考古学研究所の所員などが分析した結果、「油性ペンの汚れ」だったとの結論が出たことが分かりました。
松江市埋蔵文化財調査課は、石自体は弥生時代中期の「すずり」であり、石の価値は変わらないとしています。

2020年に、国内最古の文字の可能性があると発表した福岡市埋蔵文化財センターの久住猛雄さんは、BSSの取材に対し次のように答えました。

福岡市埋蔵文化財センター 文化財主事 久住猛雄さん
「正直「まさか」と思いました。「風化でかすれたような文字」に見えたため、私を含めて実見した多くの専門家が「古い文字」と判断していました。
しかしながらこれは科学的検証であり、私からの直接反論は難しく、その分析結果が確定的となれば、この資料の「弥生時代の文字」説は撤回し、それを前提とする論も大きく修正する必要があります。しかしこれも学問の発展の上で仕方ないことでしょう。
ただし、このことをもって「板石硯」論は否定されません。
この石製品は、使用痕や形態、側面整形などから「板石硯」と考えていますし、「板石硯」登場以降(弥生時代中期以降)の「文字使用」の可能性は十分にあり、今後、弥生時代の文字資料が発見される可能性はあると考えています。
もう一つ重要なことは、どのような経緯で出土品にこのような「文字」状痕跡が生じたかについては、松江市による責任ある調査と検証が必要だろうとも考えています」

引用元:YAHOOニュース(BSS山陰放送) https://news.yahoo.co.jp/articles/e7516dce60d1ddf3da0eefb1cfd926708c313a05

このニュース、何が問題になっているかというと、田和山遺跡で発見された石の硯(すずり)に、日本最古と思われる文字使用の痕跡が残されていると期待されていたものの、科学分析の結果、それが油性ペンの汚れと判明したという点です。

画像1:島根県松江市内の田和山遺跡外観
引用元:文化遺産オンライン https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/211960

同ニュースに掲載されていた硯の拡大写真は次の様になります。

画像2:問題の「すずり」拡大写真(引用元は上記報道と同じ)

上写真の〇で囲んだ部分が「文字」ではないかと思われた部分です。

田和山遺跡に関するサイト「田和山遺跡」では、ここに書かれた文字は「子戊」(ね・つちのえ)ではないかとしています。十二支十干を表す文字であり、古くから時や方位を表す漢字として使われていた文字ですから、このような古い遺物にその痕跡が残されていたとしてもそれほどおかしなことではありません。

画像3:堀氏による田和山文字についての考察
引用元:田和山文字から世界の文字の歴史まで http://tawayama.net/?page_id=2852

この硯は弥生時代中期、今から2100年ほど前の遺物と鑑定されてますから、同時代のものであればまさしく日本最古の文字と言ってよいでしょう。

実はこの報道には首を傾げる点が幾つかあります。

そもそも、文字云々が議論されていた遺物が硯(すずり)であり、それが文字を書くための道具であることは疑いようもないことなのですが、文字痕が油性ペンの跡であるとことさら強調する理由は何なのか?もちろん事実は事実として確認することは大事なことではありますが。

また、油性ペン跡だとして、どうしてそれが遺物に残されていたのか、その原因について報道では何も考察されていないのが気になります。もちろん鑑定と考察は別の作業ではありますが、油性ペン跡混在の理由まで追わないと、それは考古学調査における今後の問題点として残り続けると思われます。

これについて、私の歴史アドバイザーで、実際に発掘作業まで行うG氏は次の様に語ります。

 ・プロ発掘者なら遺物にペン跡が残るような取り扱いはしない
 ・一度研究機関に納めると、多くの場合再検証する機会が失われる

どういうことかと言うと、橿原考古学研究所など公的研究機関によって何らかの発表がなされると、それ以上の議論や再検証がストップしがちであるということ、すなわちそれが歴史的事実であるとして確定してしまうということへの危惧なのです。

科学的分析とは言いますが、近年非常に精度を高めてきた(誤差数10年程度)炭素14年代分析法によって、近畿地方よりも古くに作られた須恵器や瓦の遺物が九州で見つかっているにも拘わらず、この科学的結果については考古学会では未だに認められていません。

測定技術に問題あるという言うなら、今回の「科学的分析」についてもそれを直ちに確定事項と考えるのは早計だと思われます。そもそも、学問とは何か疑問があればいつでも再検討する自由と柔軟性を併せ持つべきものなのです。

この報道には測定方法や分析データが掲載されていないので何とも言えませんが、この報道を以て全てが確定したと考えてはいけない、それだけは言えると思います。

■田和山遺跡を巡る奇譚

G氏によると、田和山遺跡が現在のような史跡として残されるまでには複雑な経緯があったと言います。それは何かと言うと、この遺跡は松江市立病院の建設予定地として元々は取り壊される予定だったと言うのです。

ところが、ただの古墳があるだけの名も無き小山と思われていたものが、調査発掘により実は3重の環壕を巡らせた大遺跡であることが判明し、地元住民からも保存を求める声が高まったのです。

この声に対して、当時の松江市長であった宮岡寿雄氏は病院の建設を強行しようとしたのですが、2000年の5月、在職中に突然亡くなられています。

ネット上の書き込みなどによると、この時期に亡くなられたのは、市長の他に市議会議員が3人、そして地元の建設会社の関係者1名と計5名で、いずれも遺跡の完全撤去による病院建設を推進していた人達であると言われています。

画像4:田和山遺跡の現在と過去(1970年代)

この事実を地元がどう受け取ったのかは想像するしかありませんが、結果的に設計を変えて遺跡を残す形で病院建設が進められたのは画像4を見れば一目瞭然です。

もちろん、G氏など遺跡発掘関係者の間では、これが遺跡とその撤去計画にまつわる何らかの作用であると認識しています。というのも、発掘現場では、人型や鏡など古代祭事に関わる遺物を掘り当てた時、周囲の発掘関係者が全員熱を出して倒れたり、記録写真に見たこともないノイズ線が写り込むことがままあるということなのです。

「そんな非科学的なことを!」と思われるかもしれませんが、実は画像4の右の写真を見ても、病院を設計した建築士が遺跡の存在をたいへん気にしているのがよく分かります。

風水を学ばれた方ならお分かりになるかもしれませんが、この病院の不自然な湾曲形状は、明らかに南の山から降りて来る気の流れを受け止め、この地に溜め込むという発想の元に設計されています。

知り合いの風水師によれば、これは隣接する田和山遺跡と力負けしないように設計されているということなのですが、それについての見解は私の場合は目的の部分で少々異なります。古代呪術的にどう解釈できるのか、それについてはメルマガの方で説明したいと思います。

■田和山の田和とは何か

「大根」と書いた時、これを「だいこん」あるいは「おおね」と読む方が多いと思われます。実は「大根」と書いて「おおたわ」、つまり「根」を「たわ」と読む名字の方もいらっしゃるのです。どうやら「根」という漢字は、古くは「たわ」という音に宛てられていたようなのです。

万葉仮名とは漢字の方を語音に当てているものですから、表記のバリエーションは幾つも考えられ、「田和」も「根」と同じ「たわ」を指していると考えられるのです。

ここでは、「田和」を「根」と置き換えて考えます。「根」の字で最初に思い浮かべる古代の情景とは、日本書紀にも記述されている「根国(ねのくに)」、あるいは古事記の「根堅洲国(ねのかたすくに)」で、それは素戔嗚尊(すさのおのみことが)が高天原(たかあまはら)から追い出されて向かった国とされ、黄泉の国のことだとも言われています。

松江はまさに出雲国の中にありますから、ここで素戔嗚尊の日本神話と接点を持つことに違和感はありません。そうなると、この田和山遺跡は素戔嗚尊、あるいは素戔嗚尊が存命していた同時代の人物と関わるものであると第一に考えられるのです(※)

※もうご存知でしょうが、私は日本神話は実在した歴史を元に後世に書き直されたものであると考えています。

現地を実際に訪ねてないので確定的なことは言えませんが、Googleストリートビューで見る限り、遺跡の頂上にからの眺望は宍道湖やその先の日本海、松江市内、そして大山まで360度のぐるりを見渡せる、非常に良い立地であることが窺い知れます。

画像5:遺跡の頂上部には掘立柱の遺構があったらしい (写真提供G氏:2021年撮影)
画像6:市立病院側を見下ろす (写真提供G氏:2021年撮影)

このような立地は、宗教的斎場としての使用はもちろん、船による交通がメインであっただろう古代期には、見晴台や船舶のランドマークとして使用されていた可能性が非常に高いと考えられます。

そして、過去の調査事例から鑑みる限り、このような高台には、その国の象徴として

 当時の王墓が造られる

ケースが最も高いと考えられるのです。

あくまでも推測ではありますが、ならばその王とはいったい誰なのか、日本最古の文字の可能性も含め、田和山遺跡からはこれからも目が離せません。


ひたかみの神に会わむか田和山の頂
管理人 日月土

玉名の疋野神社と長者伝説

この6月に実施した九州は熊本県、菊池川周辺(菊池市・山鹿市)の史跡調査について、これまで5回連続でお伝えしてきました。

気になる点を細かく掘り下げ続けているといつまでも終りそうにないので、今回はレポートの締めくくりとして、菊池川が海に注ぐ街、熊本県の玉名(たまな)市を取り上げてみたいと思います。

玉名レポートと宣言する以上、本来なら2,3日かけて調査した結果を報告するべきなのでしょうが、残念ながら、今回の調査日程では時間が十分に取れず、山鹿から帰りの便が待つ熊本空港へと移動するまでの数時間しか立ち寄ることができませんでした。

それでも、なかなか興味深いものが見れたのではないかと思います。

■古代菊池川流域文化圏

山鹿市から玉名市に入ってすぐに、私はまず玉名市街にある疋野神社に向かったのです。

画像1:疋野神社

ここで、、菊池川流域のこれまでに訪ねた史跡について、次の様に地図上にまとめました。なお、この地図には2020年に一度調査に訪れた、山鹿市のオブサン・チブサン古墳、和水(なごみ)町のトンカラリン・江田船山古墳も含まれています。

 関連記事:チブサン古墳とトンカラリンの小人

画像2:これまで訪れた菊池川沿いの史跡(元画像:Google)

この地図を見ればお分かりの様に、縄文から飛鳥時代初期まで、古代期とは言えそれぞれ少しずつ時代が異なるものの、菊池川流域にタイプの異なる様々な史跡が見られることに驚かされます。

ここから、かつての菊池川流域には、日本の古代期を知る上での重要なヒントが隠されているのでないかと考えられ、今回この調査を実行したのも、まさにそれを確かめる為でもあったのです。

この中で玉名は菊池川の最下流域であり、人が海から上陸し、菊池川沿いに遡上したと仮定するならば、ここが菊池川流域文化のスタート地点となり、同時に、菊池川流域と海外を繋ぐ重要拠点としてその後も発展し続けたのではないかと想像されるのです。

■疋野神社と日置氏

さて、話を疋野神社に戻しましょう。この神社の由緒については同社のホームページに非常に詳しく書かれているのでまずそこからの引用をご紹介しましょう。

由緒について:

疋野神社の創立は景行天皇築紫御巡幸の時より古いと伝えられ、2000年の歴史を持つ肥後の国の古名社です

祭神について:

・疋野神社は他の神社よりのご勧請の神様をお祀りした神社ではありません。大昔よりこの玉名の地に御鎮座の神社であり、この地方を古来より御守護なされてきた神様をお祀りする神社です。
・御祭神、「波比岐神」は日本最古の著『古事記』記載の神様であり、日本建国の場づくりをなされた神代の時代の尊い神様です。
・相殿には父神様であります「大年神」がお祀りされています。大年神は、天照大御神と御姉弟であります素盞鳴尊の御子神様です。

波比岐神(はひきのかみ)とは、古事記の中で大年神が天知迦流美豆比売(あまちかるみづひめ)を娶って生んだ神であると書かれています。しかし、日本書紀、秀真伝にその名は見当たりません。このように史書における出現回数が少ない神をどう解釈すれば良いのか難しいところですが、今でもこの神の名を掲げている神社が現存していることは、この謎多き神、ひいては実在した人物モデルが誰であったかを理解する上で大きなヒントとなります。

そして、疋野神社のホームページにはもう一つ重要なことが書かれているのです

当神社は奈良平安時代、玉名地方の豪族日置氏の氏神神社として、はなやかに栄え、また鎮座地の立願寺という地名は、疋野神社の神護寺であった「立願寺」というお寺の名前が起源です。

そう、神社の名となっている疋(ひき)とは日置(へき、ひき、ひおき)のことで、この神社は過去記事「菊池盆地の大遺跡と鉄」で紹介した、日置金凝(へきかなこり)神社の名前にもなっている同じ日置氏を指していると考えられるのです。おそらく波比岐神(はひきのかみ)の子孫という意味なのでしょう。

すると、祭祀族と考えられる日置氏が下流から上流まで菊池川の流域に進出し、この地域で一定の役割を担っていたことは容易に想像されるのです。

古代祭祀場の名残とも思われる菊池川流域の二つの神社に、日本書紀に書かれている祭祀族の日置部(ひおきべ)の名前が冠せられている、この事実は果たして古代のどのような事実を意味しているのでしょうか?

■疋野神社の長者伝説

さて、この疋野神社には面白い伝説が残されています。題して「疋野長者伝説」なのですが、これについて、やはり疋野神社のホームページから引用したいと思います。

千古の昔、都に美しい姫君がおられました。
「肥後国疋野の里に住む炭焼小五郎という若者と夫婦になるように」との夢を度々みられた姫君は、供を従えはるばると小岱山の麓の疋野の里へやってこられました。

小五郎は驚き、貧しさ故に食べる物もないと断りましたが、姫君はお告げだからぜひ妻にと申され、また金貨を渡しお米を買ってきて欲しいと頼まれました。

しかたなく出かけた小五郎は、途中飛んできた白さぎに金貨を投げつけました。傷を負った白さぎは、湯煙立ち上る谷間へ落ちて行きました。が、暫くすると元気になって飛び去って行きました。

お米を買わずに引き返した小五郎に姫君は「あれは大切なお金というもので何でも買うことができましたのに」と残念がられました。

「あのようなものは、この山の中に沢山あります」 との返事に、よく見るとあちこち沢山の金塊が埋もれていました。

こうして、めでたく姫君と夫婦になった小五郎は、疋野長者と呼ばれて大変栄えて幸福に暮らしました。

ほのぼのとした、如何にも昔話と言った風情の伝説なのですが、その基本プロットは以下のように整理されます。

 ・炭焼小五郎という貧しい男がいた
 ・美しい姫が夢のお告げに従い小五郎の元へ嫁ごうとする
 ・小五郎は貧しいゆえに初めはそれを拒む
 ・姫は金(きん)を携えそれで生活できると主張する
 ・小五郎は姫の金を石の様に扱う
 ・金は山の中にたくさんあったがその時まで小五郎はその価値を知らなかった
 ・二人は山の金で豊かに暮らした

さて、この話を取り上げたのは、実は同じような伝説が玉名以外にも見られるからなのです。その伝説の名は「真名野(まなの)長者伝説」です。

真名野長者伝説はWikiペディア「真名野長者伝説」に詳しいのですが、その中から疋野長者伝説と類似する箇所を拾い出してみましょう。ちょっと長いかもしれませんがご容赦ください。

継体天皇の頃、豊後国玉田に、藤治という男の子が産まれたが、3歳で父と、7歳で母と死に別れ、臼杵深田に住む炭焼きの又五郎の元に引き取られ、名前を小五郎と改めた。

その頃、奈良の都、久我大臣の娘で玉津姫という女性がいたが、10歳の時、顔に大きな痣が現れ醜い形相になり、それが原因で嫁入りの年頃を迎えても縁談には恵まれなかった。姫は大和国の三輪明神へと赴き、毎晩願を掛けていた。

9月21日の夜、にわか雨にあった姫は拝殿で休養していた所、急に眠気を覚え、そのまま転寝してしまった。すると、夢枕に三輪明神が現れ、こう告げた。「豊後国深田に炭焼き小五郎という者がいる。その者がお前の伴侶となる者である。金亀ヶ淵で身を清めよ。」

姫は翌年2月に共を連れて西へと下るが、途中難に会い、臼杵へたどり着いた時には姫1人となってしまっていた。人に尋ね探しても小五郎という男は見つからず、日も暮れ途方に暮れていた所、1人の老人に出会った。「小五郎の家なら知っておるが、今日はもう遅い。私の家に泊まり、明日案内することにしよう。」

翌日姫が目を覚ますと、泊まったはずの家はなく、大きな木の下に老人と寝ていたのであった。老人は目を覚ますと姫を粗末なあばら家まで案内し、たちまちどこかへ消えてしまった。

姫が家の中で待っていると、全身炭で真っ黒になった男が帰ってきた。男は姫を見て驚いたが、自分の妻になる為に来たと知り更に驚いた。

男は「私1人で食べるのがやっとの生活で、とても貴女を養うほどの余裕はない」と言うと、姫は都より持ってきた金を懐から出し「これで食べる物を買って来て下さい。」と言って男に渡した。

金を受取った男は不思議そうな顔をしながら出て行った。麓の村までは半日はかかるはずであるのに、半時もしないうちに手ぶらで帰ってきた男は言った。「淵に水鳥がいたので、貴女からもらった石を投げてみたが、逃げられてしまったよ。」

姫は呆れ返って言った。「あれはお金というものです。あれがあれば、様々な物と交換できるのです。」

すると男は笑いながら言った。「なんだ、そんな物なら、私が炭を焼いている窯の周りや、先程の淵に行けば、いくらでも落ちているさ。」

姫は驚き、男に連れて行ってくれるように頼んだ。行ってみると、炭焼き小屋の周囲には至る所から金色に光るものが顔を出しており、2人はそれらを集めて持ち帰った。

どうでしょう、ここまでの下りは殆ど疋野長者伝説と同じです。しかも炭焼小五郎の名は両者で共通しています。敢えて異なる点を挙げれば、真名野長者伝説には続きがあり、二人の娘である般若姫の話、舞台となった豊後(大分県)で有名な摩崖仏誕生の話へと繋がって行くのです。

疋野長者伝説の舞台は熊本県の「玉名」、一方、真名野長者伝説は大分県の「玉田」ですから、このあまりにも似通った地名から、どうやら二つの伝説は同じ出所から派生したと考えられるのです。ではいったい何がこの二つを繋ぐのか?

■長者伝説が繋ぐ百済と古代日本

実はこの二つの類似した長者伝説について、「(元)情報本部自衛官」さんが最近のブログ記事「炭焼き長者と百済王」でたいへん興味深い考察を述べています。

こちらを読んで頂くとお分かりになるように、古代百済にも「薯童(ソドン)と善花公主(ソンファゴンジュ)」という、日本の両長者伝説とそっくりな、

  貧しい男が美しい姫と結ばれ、金(きん)で成功する

というストーリーが存在するというのです。しかも、薯童は百済の王にまで登り詰めるというのですから、この辺は日本の長者伝説においてただ裕福になったとされるストーリーとは若干異なります。

しかし、男に嫁いだ姫が都(みやこ)出身の高貴な家の出であることは共通しており、ここから、これらの長者伝説がどうやらある高貴な女性の出自に関する一つの伝承から派生したことが見て取れるのです。

画像3:疋野長者伝説と類似する伝説を有する地
(他にあるかもしれません)

そして、同ブログ記事で最も興味深い記述とは以下の部分です。

タマナという地名は百済がかつて外地に設置した檐魯담로に由来するという説がある。

現代ハングル読みではDAM LOが鼻音化して ダムノ に似た発音となるが、古代語は概してゆっくり発音する傾向があるため、タムル、タマラといった発音だった可能性は高い。

何故なら古い済州島の呼称を耽羅と言い、日本語読みでもタンラ、現代ハングル読みでもタムナとなる。さらに屯羅、耽牟羅という表記も見られる。

屯という字はタムロと読むし、百済が駐屯した拠点にそうした地名をつけていたという百済研究家を笑い飛ばせる人は世間知らずである。

(元)情報本部自衛官さんのブログから

読者さんは、これがどのような意味かお分かりでしょうか?要するに、

 玉名・玉田は古代百済の拠点だったのではないか?

ということなのです。要するに、同じ百済民族であればこそ、この極めて似通った長者伝説がこれだけ離れた各地に残されたと考えられるのです。

もしもそうだとすれば、私たちが常識として思い描いている

  朝鮮半島の百済・新羅・任那と対馬海峡を隔てて存在する大和国

という古代史の地勢的な構図は全て再考し直さなければならなくなるのです。

一見とてもあり得なそうなことですが、この説を甘受したとき、過去記事「菊池盆地と古代」で紹介した次の写真にまた別の解釈が生まれてくるのです。

画像4:再現された鞠智城

私はここを、白村江の戦いに敗れた百済の難民を受け入れた、いわば難民キャンプのようなものではなかったのかと仮説を立てましたが、ここを元来の百済領地と見れば、無理なくここを「百済の城」または「百済の拠点」であると言い切ることができるのです。

この種の議論をする時に気を付けなければならないのは、そもそも古代期に現代のような国境概念があったのかどうか?いや、現代のような国民国家の認識があったかどうかも疑わしいのです。

もしかしたら、古代期は船が辿り着いた各地に点在する拠点こそが領土であり、いわば複数の「点」の集合で表現される国土認識ではなかったのかということなのです。

それと比較すれば、現代の国土感覚は国境で隔てられた連続する「面」の認識であると言えましょう。

つまり、現在鞠智城跡地とされているこの地こそが、百済の一部だったのではなかったのか、極端かもしれませんがその可能性を排除してはならないと思うのです。

そうすると、玉名から菊池にまで進出した日置氏とはどのような一族であったのか、また、菊池一族のルーツとは何であったのか、はたまたこの地で祀られる第2代天皇「綏靖天皇」やユダヤの痕跡とはどのような繋がりがあるのか、これらの疑問が古代百済との関係で読み解けるかもしれないのです。


大和とは大和成り為す諸国の国かも
管理人 日月土

翡翠の姫と糸魚川

しばらく三重の話が続きましたが、今度はこの5月に実施した北陸、新潟県糸魚川市における現地調査についてお伝えしたいと思います。

とは言っても、北陸を訪れるのは数年振りで、調査として訪れたのはこれが初めてになります。よって土地の事情については不案内なので、私も知ったように深くは語れません。今回は、現地を訪れたレポートとして、糸魚川の地を総覧的にお伝えしたいと思います。

さて、糸魚川といえば、外の人間にとっては次の項目が比較的知られているのではないでしょうか?

 1. フォッサマグナの北西端
 2. 薬石で有名な姫川
 3. 翡翠の産地
 4.出雲神話に登場する奴奈川姫
 5.長者ケ原遺跡 

この内1,2は歴史テーマにあまり関係ないようですが、地形や地質がその土地に住む人々の生活環境を作ると考えれば全く無関係でないことは言うまでも無く、天然のラジウム鉱石と言われる姫川薬石がそこに存在するのも、当地の歴史的事情に何かしらの関与があるのかもしれません。

■フォッサマグナの不思議

フォッサマグナ(中央地溝帯)が何であるのかは他を参考にしていただきたいのですが、一般には、幅100km程度の新しい地層の帯が、本州のど真ん中を南北に貫いていると言われています。

画像1:フォッサマグナ(Wikiの画像を加工)

糸魚川は新しい地層と古い地層の西側の境界線の北端に当たり、両地層の接続面が観察できる地として知られています。

画像2:現地フォッサマグナパークで撮影した新旧境界面
左右で地層の色が異なる

フォッサマグナの生成プロセスについては一般にプレート理論による大規模な地殻変動が原因だと言われていますが、プレートの存在自体が証明されていないのにどうしてそんなことが言えるのかというのが私の立場です。

このフォッサマグナについては(真)ブログ記事「改めて問う、横田空域とは何なのか?」で、何故か在日米軍の管制空域と重なる不思議について触れています。

また、糸魚川より南の静岡から信州までの内陸に、何故か海にちなむ地名が多く見られる点について「アルプスに残る海地名の謎」で触れています。

一般論では数百万年前に海底が隆起して現在の新しい地層を形成したと説明していますが、その時の名残が現在の地名に残っているとでも言うのでしょうか?その答は分からないままではありますが、今は取り敢えず、糸魚川が地形・地質的にも特殊な場所の一つであるということは念頭に置いて良いと思います。

■糸魚川の翡翠

古墳から出土する勾玉や管玉など、日本全国で古代の翡翠加工品が見つかっていますが、その原石が全て糸魚川産であることは、古代ファンの間ではよく知られた話です。ファンならずとも、糸魚川で翡翠が採れることは有名でありご存知の方は多いと思います。

画像3:糸魚川の翡翠原石

実は昭和初期まで日本で翡翠が採れることはほぼ全く知られておらず、外国産だと思われていたと言うのですから驚きです。後の考古学の発展と、地元郷土史家の尽力によって、糸魚川が古代期における翡翠の一大生産地であったことが近代になって明らかになったのです。

たいへん興味深いのが、朝鮮半島など海外に輸出するまで広がった古代日本の翡翠産業が、奈良時代に突然衰退してしまったこと、それ以前の弥生時代中期に翡翠の生産が一旦止まった形跡があるなどが報告されていることです。

今でも同地の海辺や河原で見かけることもある翡翠が、なぜ1000年近く忘れ去られてしまったのか、この理由を考える始めると、祭具や宝飾として珍重される翡翠の性質から、必然的に当時の日本の政治・文化・信仰において何某らの大転換が起きたと考えざるを得ません。

その考察については今後の課題となりますが、これら「翡翠再発見」の経緯についてはWikiペディアの「糸魚川のヒスイ」に詳しいのでぜひそちらをお読みになっていただきたいと思います。

■縄文遺跡と翡翠

糸魚川には遺跡スポットが幾つもあるのですが、今回の調査では最も有名な長者ケ原遺跡を見てきました。

日本海を見下ろす小高い丘、いわゆる海に突き出た舌状台地ということになりますが、そこに広がる森林の中に同遺跡は残されています。まさに古代人が好んで住居を構える絶好の条件を満たしている地形だと言えるでしょう。

周囲には運動場や美山公園やフォッサマグナミュージアムも整備されており、現地にアクセスし易かったのも今回の調査では助かりました。

何と言ってもこの遺跡の特徴は、5~4千年前の縄文遺跡であるということ、そして、翡翠産出の土地よろしく、石器類に固く割れにくい翡翠を利用してるものが見られ、なおかつ翡翠工房跡も見つかっていることです。遺跡の詳細については私がくどくど書くよりは、原資料をお読みいただいた方が間違いないと思うので省略しますが、縄文時代の遺物に翡翠が含まれていることから、糸魚川の翡翠文化は数千年も続いたことが窺われます。

そこでやはり浮上してくるのが、その土地の生活に深く根付いていたはずの翡翠文化がどうして突然途絶えてしまったのだろうという、先ほどの疑問なのです。

画像4:長者ケ原遺跡の案内板
画像5:長者ケ原遺跡の復元された竪穴式住居
画像6:考古館に展示された長者ケ原遺跡の石器

■奴奈川姫と少女神

糸魚川には、天津神社と言う古い神社があり、その境内社に奴奈川神社が置かれています。祭神は「奴奈川姫命」です。この奴奈川姫は「沼河姫」という記述で古事記、先代旧事本紀に大国主命と共に登場します。

画像7:奴奈川神社
画像8:天津神社
主祭神は瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、奴奈川神社が後方に置かれている
ことに注目。おそらく天孫系、出雲系の力関係を示したものだろう

以下に、古事記に記載された該当部分の現代語訳を掲載します。

 この八千矛神(大国主命)が、越国のヌナカハ姫に求婚しようとして、お出かけになったとき、そのヌナカハ姫の家に着いて歌われた歌は、

 八千矛の神の命は、日本国中で思わしい妻を娶ることができなくて、
 遠い遠い越国に賢明な女性がいるとお聞きになって、
 美しい女性がいるとお聞きになって、
 求婚にしきりにお出かけになり、
 求婚に通いつづけられ、大刀の緒もまだ解かずに、
 襲(おすい)をもまだ脱がないうちに、少女の寝ている家の板戸を、
 押しゆさぶって立っておられると、
 しきりに引きゆさぶって立っておられると、
 青山ではもう鵼(ぬえ)が鳴いた。野の雉はけたたましく鳴いている。
 庭の鶏は鳴いて夜明けを告げている。いまいましくも鳴く鳥どもだ。
 あの鳥どもを打ちたたいて鳴くのをやめさせてくれ、
 空を飛ぶ使いの鳥よ。
  - これを語り言としてお伝えします。

とお歌いになった。そのときヌナカハ姫は、まだ戸を開けないで、中から歌って、

 八千矛の神の命よ、私はなよやかな女のことですから、
 わたしの心は、浦州にいる水鳥のように、いつも夫を慕い求めています。
 ただ今は自分の意のままにふるまっていますが、
 やがてはあなたのお心のままになるでしょうから、
 鳥どもの命を殺さないで下さい、空を飛びかける使いの鳥よ。
  - これを語り言としてお伝えします。

 青山の向うに日が沈んだら、夜にはきっと出て、
 あなたをお迎えしましょう。そのとき朝日が輝くように、
 明るい笑みを浮かべてあなたがおいでになり、
 白い私の腕や、雪のように白くてやわらかな若々しい胸を、
 愛撫したりからみ合ったりして、玉のように美しい私の手を手枕として、
 脚を長々と伸ばしておやすみになることでしょうから、
 あまりひどく恋いこがれなさいますな、八千矛の神の命よ。
  - これを語り言としてお伝えします。

と歌った。そしてその夜は会わないで、翌日の夜お会いになった。

引用元:講談社学術文庫 古事記(上) 次田真幸訳

これを素直に読むと、情熱的でかつ少々強引な大国主が奴奈川姫の元へ夜這いにきて、好意は受け入れつつもその時は大国主を家の中に入れようとしなかった姫の様子を描いていると捉えることができます。

毎度のお断りとなりますが、私は日本神話は史実を神話的ファンタジーに置き換えた一種の暗号文と見ているので、歌によるこの男女の交情シーンにも史実の解明に繋がる重要な鍵が隠されていると考えます。

その手掛かりの一つとなるのが、この訳文に出て来る「少女」で、原文には「嬢子(をとめ)」と記述されています。つまり、求婚された時の奴奈川姫はまだいたいけな少女であったと考えられます。

これは過去記事「少女神の系譜と日本の王」でも触れた、権力のある男性王が少女、それも特別な呪力を有する「神の御子(少女神)」を王権授与の証として求め訪ねる様と同じであり、古代王の記述の中に繰り返し登場するいつものパターンなのです。

つまり、今回取り上げた奴奈川姫も、ほぼ同時代の女性と考えられる栲幡千千姫(タクハタチヂヒメ)や木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)と同じように、同系の血を受け継ぐ少女神ファミリーの一員であった可能性は極めて高いと考えられるのです。

この奴奈川姫について、古事記・先代旧事本紀には書かれていないエピソードが、民間伝承として次の様に残されています。

【奴奈川姫の鏡】
 青海町の福来口(ふくがくち)に住んで居られた奴奈川姫は、出雲族に攻められ、夜しめ川(今の姫川)を渡り大野村に、秘蔵の鏡を埋めてかくされた。今の信用組合裏の地蔵さんの所だという。

【神社伝1】
西頚城(にしくびき)郡田海(とうみ)村を流るゝ布川の川上に黒姫山と云ふ山あり、奴奈川姫命の御母黒姫命の住座し給ひし山なり、山頂に石祠あり黒姫明神と称す、又黒姫権現とも云う、此の神こゝにて布を織り其の川の水戸に持出で滌曝(てきぼう)まししによりて布川と云ふ。此神の御歌に
 ここに織る此の荒たへはかの海の小島にいますわがせの御衣 と。

【神社伝2】
糸魚川町の南方平牛(ひらうし)山に稚子ヶ池と呼ぶ池あり。このあたりに奴奈川姫命宮居の跡ありしと云ひ、又奴奈川姫命は此池にて御自害ありしと云ふ。即ち一旦大国主命と共に能登へ渡らせたまひしが、如何なる故にや再び海を渡り給ひて、ただ御一人此地に帰らせたまひいたく悲しみ嘆かせたまひし果てに、此池のほとりの葦原に御身を隠させ給ひて再び出でたまはざりしとなり。

【神社伝3】
姫川の上流なる松川に姫ヶ淵と名づくるところあり、之れ奴奈川姫命の身を投げてかくさせたまへるところなりと。

引用元:糸魚川市公式HP https://www.city.itoigawa.lg.jp/dd.aspx?menuid=3790

これらを読む限り、大国主による奴奈川姫への求婚は、古事記の記述するようなロマンチックなものではなく、ほぼ強引に押し入られ、最終的に奴奈川姫は自害へと追い込まれたように読むことができます。

また、「神社伝1」では機織りと奴奈川姫の家系が紐付けられており、これは奴奈川姫が本来「布川」と書くのか、機織りに関係する姫であった可能性も示唆しています。数ある少女神の一人と考えられる栲幡千千姫の「栲幡(たくはた)」とはまさに機を織ることであり、ここにもまた奴奈川姫が少女神ファミリーの一員である痕跡がかすかに認められるのです。

さて、それでは翡翠と奴奈川姫はどう結びつくのか?それはこれまで登場した少女神とそれに関連する鉱物のストーリーを比較すれば自ずと見えてきます。

 サルメノキミ     → 丹生(水銀)
 タクハタチヂヒメ   → 琥珀、丹生
 コノハナサクヤヒメ  → ?
 ヒメタタライスズヒメ → 鉄

要するに

 ヌナカワヒメ  →  翡翠

となり、どうやら少女神の重要性とは、古代社会において最も重要な「鉱物」と何か関連付けられていた可能性が高いのです。

そう仮定すれば、大国主は翡翠の何を求めて奴奈川姫に近づいたのか、それがまた大きな問題となってくるのです。

※今回の調査中に遭遇した異変と最近の記事との関連性についてはメルマガで詳しくお伝えしたいと思います。


雪解けの花咲く丘に眠られし目覚めの時ぞと姫に語りぬ
管理人 日月土